1. ホーム
  2. ≫悪質な詐欺業者に騙されない為に絶対に守って欲しい事

悪質な詐欺業者に騙されない為に絶対に守って欲しい事

振込め詐欺


ショッピング枠現金化のホームページには、しばしば「振り込め詐欺に注意」という注意書きが書かれています。

ショッピング枠現金化を悪用する振り込め詐欺とは一体何なのでしょうか?

 

詐欺業者を見抜くのは難しいが騙されないようにする事はできる

詐欺業者に騙されない
振り込め詐欺といえば、「おれおれ詐欺」や「母さん助けて詐欺」など、家族に成りすましてお金を振り込ませる方法で有名です。

しかし、ショッピング枠現金化を悪用する詐欺は主に、お金に困っている人にギャンブルの必勝法を教えるなどと偽って架空請求を行うものが多いです。

お金に困っていると、一発大逆転をかけてギャンブルしようと思う方も出てきますが、ギャンブルは一朝一夕で勝てるものではなく、逆に大負けして借金を増やしてしまう方も多くです。

しかし、その一方でギャンブルに勝ち続ける人も中にはおり、そのような人を見ていると「何か必勝法があるのではないか?」「人が作っている機械なのだから、システムを理解すれば勝てるのではないか?」などと思ってしまいます。

そのような時に「パチンコ必勝法」や「競馬必勝法」を教えるという広告を見ると、大枚をはたいてでもその方法を知りたくなります。

「お金がなくても必勝法さえ分かれば巻き返せる!」そう思うと、借金することも苦になりません。

しかし、すでに消費者金融の融資枠を使い切っていたり、無職や転職中で消費者金融の審査に通らなかったりすると、お金を工面する方法も限られてきます。

「情報が欲しいけどお金がない」そんな消費者の心理を見透かすように、悪徳業者は「クレジットカードを所有していれば簡単にお金が作れる」と言い、ショッピング枠現金化を促します。

その結果、新たな借金を重ねてしまいますが、消費者が満足するようなギャンブル必勝法などなく、適当な情報を掴まされるか、業者と連絡が取れなくなって終了します。

 

結局消費者が泣きを見ることとなるのです。

 

もちろん、ショッピング枠現金化自体が振り込め詐欺というわけではありません。

実は、クレジットカードで行う現金化は直接詐欺業者が現金を融資する訳ではなくカード会社が利用者にお金を貸しているようになるのでトラブルがあっても詐欺業者は被害を受けることが一切ない方法という事です。

むしろ、振り込め詐欺に悪用されることで現金化業者の評判が落ちることを懸念している業者も多く、上記のように注意勧告している業者も少なくありません。

悪徳業者の中には、まるで現金化業者を関係業者のように偽って紹介するケースもあり、後になって消費者から「ギャンブルの必勝法はどうした!?」とクレームを付けられる現金化業者もいます。

当然、現金化業者にクレームを付けてもどうしようもありませんし、お金を使ってしまった以上、決済をキャンセルすることもできません。

「ギャンブル必勝法」や「現金が絶対に手に入る」などといった甘い誘惑に騙されないよう用心しましょう。

 

クレジットカード現金化の業者が詐欺をする事だってある

クレジットカード現金化をしてお金を手に入れたいと考えている人のほとんどが少しでも現金を多く手にできれば、と考えていると思います。

そんな事は現金化にかかわる人なら誰だって手に取るようにわかるはずです。

そういった利用者だったり、お金に困窮している人の気持ちを逆手に取って現金を奪ってやろうとしている業者が存在してるのは事実で、被害にあわれた方からも話を聞いたことがあります。

その方は、直ぐにでもお金が欲しいと思って調べたらクレジットカード現金化という方法があるという事をインターネットで見つけました。

もちろん危ないとは感じてはいましたがとにかく現金が必要だった為、お金が手に入るなら少しくらいは金利などが高くても我慢しようと考えていました。

そんな状況の中でネットを使って現金化できる店舗を探していたところ、99%で換金してくれるという店舗を発見し、迷うことなく申し込みをしました。

良い店舗を偶然にも見つけることができて助かったとホッとしていましたが、1時間で振込まれるはずの約束が2時間経っても振込まれません。

「おかしいな?」と思って問い合わせてみると、現金化というグレーな手続きの為、クレジットカードの決済に時間と手間が掛かっているということでした。

「決済ができましたので、もう少しで振り込まれます。」との連絡が来ましたので「お願いします。」と告げると、振込み手数料及び決済手数料などの費用が掛かりましたので差引しまして、と勝手に話をして結果、クレジットカードで決済した費用は6万円で振込まれたのは3万2千円でした。

多少はしょうがないと覚悟はしていましたが、ここまでひどいとは思いませんでした。

しかし、それだけではありませんでした。

後日、自分名義のクレジットカードで身に覚えのないネットショッピングされているという被害まであり、詐欺業者には絶対に気を付けてもらいたいと思ってその時の話をしてくれたようです。

 

これは、悪質な詐欺業者による被害の一例ですが実際に騙されない為に何ができるのでしょうか。

それはまず、

  • 実際に振込まれる換金率を【直接】確認する
  • 電話などを掛けて、店舗の対応を確認する
  • 公式サイトなどで会社情報などをみて架空の住所や電話番号では無いかどうかを確認する

この3つを確認するだけで50%以上の詐欺業者は無くなるはずです。

さらに、確認するのであれば公式サイトと言っている事が違う場合も怪しんだ方が良いかもしれません。

管理人が考える優良店は本当の事を話してくれる業者だと思っております。

換金率が低くても本当の情報を提供してくれるのであればコチラとしても判断ができますし、信用もできる。

絶対にやってはいけないのは、お金に困っている為、即日や高換金率などに食い付いてはいけないという事です。

前述のギャンブル必勝法と同じように、自分のところにだけ美味しい話は絶対に来ません。

 

個人営業の現金化業者は注意

個人営業注意


インターネット上には、ショッピング枠現金化を行う業者が400以上存在します。

その中には、法人ではなく個人で行っている業者もいます。

 
個人で行う場合、事務所を持たず自宅で運営している方が多く、ホームページに所在地を表記しない業者が多いです。

また、トラブルが発生すると音信不通になるケースも多く、所在地が分からないため、業者と連絡を取る手段が断たれてしまいます。

そのことを悪用して、ショッピング枠現金化で詐欺を働こうとする業者も残念ながら存在しています。

そのため、ショッピング枠現金化を行う時は、個人経営や所在地不明の業者は利用しない方がよいでしょう。

 

個人経営では信用がないと分かっているため、法人であると嘘の情報をホームページに表記することもありますが、法人かどうかについては調べればすぐに分かることですし、結局所在地もデタラわメですので、住所検索してもその業者まで行きつかないことが多いです。

インターネットを用いて通信販売などを行っている業者は、ホームページ上に「特定商取引法に基づく表示」が義務付けられており、表示内容は、事業者名、店舗名、所在地、電話番号、設立、代表社名、営業時間、販売価格、支配方法、返品方法などになります。

ホームページに会社概要がない、会社概要があっても情報が十分表記されていない、そのような場合は個人が法人を偽っているなど、悪徳業者の可能性が高いです。

ショッピング枠現金化を行う時は、情報の不確かな業者は利用しないようにしましょう。

会社情報以外にも、費用のかからない携帯サイトや、クオリティの低いホームページしか持たない業者は注意が必要です。

また、現金化詐欺を行わないものの、ホームページに書かれている内容が偏っていたり、誇張されていたりする場合もあります。

たとえば、ホームページ還元率95%と書かれていても、実際に連絡を取ってみると手数料などを差し引かれ、最終的な還元率は80%になるなど、ホームページを見ただけでは分からない場合もあります。

ショッピング枠現金化はライバルの多い業界ですので、少しでも顧客を獲得するために還元率の高さなどを誇張して、問い合わせに繋げるケースが多いです。

会社情報のしっかりしている業者でも、問い合わせの際は必ず、最終的な還元率(手数料の内約)、振込日、振込時間について確認しましょう。

振込日は、余計なトラブルを避けるためにも即日振込に指定し、すぐに結果を確認できるようにしましょう。

現金化するのにクレジットカードの画像を送る必要はあるの?

クレジットカード現金化の申し込みをすると、「クレジットカードの画像を送信してください」と現金化業者のスタッフから促されることがあります。

ここで疑問に感じたことは無いでしょうか?

クレジットカードの写真を撮って送信する必要があるのはなぜでしょうか。

 

1つは「不正な申し込みを防止するため」という点が挙げられます。

良心的な現金化業者は盗まれたカードを利用した現金化などを回避するため、申し込み者とクレジットカードの名義人が一致しているかを必ず確認したいと考えています。

基本的にクレジットカードの現金化は申込みをした本人名義でしか決済することはできません。

万が一決済をしてトラブルが起こってしまった場合、その責任はカード会社と決済をした店舗にあります。

さらに、本人確認を怠った場合は全責任が店舗側になってしまう為、現金化業者は必ず確認をしているはずです。

電話による確認だけでは確実性が低いことから、画像そのものの送信を依頼している、というわけです。

不安に思う場合には、「本人確認後、そのデータはどのように管理されますか」と質問してみましょう。

このクレジットカード画像による本人確認には片面の画像だけを送信すれば十分であり、裏面に書かれているセキュリティーコードは必要ありません。

もし「両面の画像を送ってください」という業者がいる場合には、「なぜ裏面が必要なのですか」と質問してみましょう。

そこで納得できる理由を提示できない場合には、データを搾取しようとする悪質な業者である可能性があります。

ですから、その業者とのやり取りはそこで中断するのが賢明です。