1. ホーム
  2. ≫お金を借りるのに保証人不要で審査・来店が無いなんてありえない

お金を借りるのに保証人不要で審査・来店が無いなんてありえない

保証人不要


ショッピング枠現金化は、担保不要・保証人不要でいつでも利用できる手軽なキャッシング方法です。

 

キャッシングといえば消費者金融が一般的ですが、消費者金融もピンからキリまで存在しており、担保不要・保証人不要で借りられる大手の場合、銀行の次に審査が厳しく、少しでも返済能力に不安を持たれれば、審査を通過することが難しくなります。

たとえば、過去に遅延トラブルを起こしていたり、アルバイトなどいつ仕事を辞めるか分からない働き方をしていたり、職探し中で勤務先を記載できなかったりと、実にさまざまなケースが考えられます。

一方、消費者金融の中には、大変審査が甘く、信用情報などに多少問題があっても融資してくれる消費者金融も存在します。

ですが、そのような会社の多くは、利用者の踏み倒しリスクを回避するため、担保や保証人を必要とします。

しかも、銀行や大手と比べて金利が高く、上限金利ギリギリで契約しなくてはなりません。

また、担保・保証人を用意して高い金利を支払うことに同意したとしても、総量規制の施行によって、利用者は自分の年収の3分の1以上を借りることができません。

無職であれば、預金があっても年収は0円ですので、借入可能額も0円となり、契約することができません。

これは、専業主婦の場合も同様です。

 

しかし、お金が本当に必要な方というのは、返済能力が高いと思われるような職業についているわけではなく、収入が少ない、あるいはまったくないにも関わらず、家族が病気になって急きょお金が必要になるなど、自身の許容範囲外のことが起きてしまう方が多いです。

しかも、そのような方は担保となるものを持っていなかったり、保証人を得られるほど人脈が多くなかったり、家族を頼れない状況にいたりするので、キャッシングの利用範囲が自然と限られてきます。
(そもそも自分の借金に他人を巻き込むこと自体、抵抗がある方も多いでしょう)

そのような中で、ショッピング枠現金化はクレジットカードのショッピング枠の残高に応じて、自由にお金を借りることができますし、複数のカードを使用することも可能ですので、本当の意味で誰でも手軽にキャッシングできる、数少ないケースの一つといえるでしょう。

もちろん、借りたお金は返さなくてはならないので、金融機関を利用するときと同じように返済計画をきちんと立ててから利用しましょう。

ショッピング枠現金化は、返済に行き詰ってもクレジット会社に債務整理を申込むことができない可能性があるので、返済についてはくれぐれも注意が必要ですが、クレジットカードと同様に返済方法が選べるので収入などに応じて検討して返済を行うようにしましょう。

身分証明書が不要というのは本当?

身分証明不要


銀行や消費者金融など金融機関を利用しようと思ったら、どのような方でも必ず身分証明書を提示する必要があります。

身分証明書とは、運転免許証やパスポートなど顔写真や住所が記載されている書類であり、どちらもお持ちでない方は、市役所で住民票を手に入れる必要があります。

どうして身分証明書が必要なのかというと、キャッシングというのは個人の信用を担保にお金を借りる行為ですので、身分の保証できない人間はそもそも信用できない、お金を貸しても返ってこない可能性が高いと判断されるからです。

契約書に書かれている内容が本当かどうか判断するためにも、身分証明書は必要となります。

また、金融機関によっては身分証明書だけでなく収入証明書が必要となるケースもあります。

収入証明書とは、利用者の収入を証明するための書類であり、公共機関の領収書や源泉徴収票、家計簿などがそれに当たります。

 

このように、金融機関からお金を借りるためには身分証明書や収入証明書をあらかじめ用意しておく必要がありますが、運転免許証やパスポートがない方は、すぐにお金が必要なときでも、わざわざ市役所に行って書類を用意しなくてはなりません。

また、金融機関に書類を提出しても、すぐにお金を貸してくれるわけではなく、書類に記載されている内容と申込書を照らし合わせたり、返済能力の有無についてチェックが行われたりと、何かと時間がかかります。

月曜日など、混雑している日には余計時間が長くかんじられるでしょう。

しかし、ショッピング枠現金化というキャッシングサービスでは多くの場合、利用金額に関わらず、身分証明書・収入証明書の提示が必要ありません。

なぜかというと、ショッピング枠現金化というシステムが、クレジットカードを使用した通常のショッピングと同じように後払い制であり、業者に対する借金はクレジット会社が事実上肩代わりしています。

そのため、利用者の直接の返済相手はクレジット会社となりますが、クレジット会社による審査はカードを作るときにすでに終了しているため、あえて新しい審査を行う必要がないのです。

そのため、どうしてもすぐにお金が必要であり、さまざまな証明過程を経ずにお金を借りたいというときは、ショッピング枠現金化がおすすめです。

 

ただし、現金化業者によってはより安全性を考慮して、身分証明書の提示を求めることがあります。

その場合も、電子メールやFAXなどを使用して自宅から簡単に手続きすることができるので、すでに身分証明書をお持ちの方はそちらを利用した方がよいでしょう。

 

還元率の高いクレジットカード現金化業者は本当にあるのか?

クレジットカード現金化は、消費者金融などを利用しようとしても審査に通らない人にとって、手軽に現金を手に入れられる方法として知られています。

しかしその業者の種類にもいろいろとあり、実際にどれだけの現金を得られるのかも異なってきます。

 

そこで気になるのが還元率の話です。

 

クレジットカードのキャッシング枠で1万円を使用した場合、還元率が90%だと9,000円が手元に残ります。

その差額である1,000円は、クレジットカード現金化業者の手数料として取られてしまうのです。

こうなるとできるだけ高い還元率の業者を利用したいところですが、実際に利用をしてみると還元率はそれほど高くないことがわかります。

本当に高い還元率の業者はあるのだろうかと思えるかもしれませんが、これは利用する料金によって変わってくるものなのです。

たとえばあるクレジットカード現金化業者の広告で、還元率98%と書いてあります。

これだけを見るととても魅力的ですが、実際に利用をしたら80%くらいでした。

それではこの広告が嘘を書いていたのかということになりますが、厳密に言えばそれも違います。

広告やホームページ上に書かれている還元率は「最大」での数値なのです。

仮に1万円を利用しようとした場合、還元率が98%だと業者側の取り分は200円になります。

さすがにこれは商売としてかなり苦しい数字です。

しかし100万円で利用する場合、業者側の取り分は2万円になります。

こうなってくると一度の取引でもそれなりの収益になるわけです。

 

消費者金融などでお金を借りる際の金利にも言えることですが、金額が大きければ大きいほど金利は小さくなり、クレジットカード現金化の場合はそれが還元率の数字になっているのです。

利用する金額が少なければ、業者側はできるだけ利益を出すためにも還元率を下げて自分たちの取り分を大きくします。

しかし利用額が大きければ、還元率が高くてもある程度の利益を得られるので最大で98%という数字も現実的なものになります。

これからクレジットカード現金化を利用しようと思ったら、最低還元率がどれくらいなのかをチェックしてみてください。

最大値がそれほど高くなくても最低値が高めになっているところもあれば、かなりの幅を持たせている業者もあります。

 

結論を言えば、還元率の高いクレジットカード現金化業者は確かにあります。

しかしそれは条件次第で実現できるもので、どのような場合でも高い還元率を約束してくれるわけではないのです。

 

ショッピング枠現金化の詐欺被害に注意しよう

クレジットカードの現金化は、カードのショッピング枠に空きがあれば、すぐに現金化することができ、利用する人にとって一定のメリットがあります。

ですが、悪質な業者によるクレジットカード現金化の詐欺被害も多数発生しているのです。

 

すべての業者が悪質というわけではありませんが、たちの悪い業者に現金化を依頼したことで、所定の金額が振り込まれない、いきなり換金率を低くされてしまうなどの詐欺被害に遭うだけでなく、個人情報を悪用され、カードを不正利用されてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

こういった詐欺被害が複数発生する要因となっているのが、カードの現金化が必要な人の経済的・心理的状態にあります。

 

追い詰められている人を狙ってくるからです。

本来、カード会社の規約には、ショッピング枠を現金化する目的で使ってはいけないと定められており、カード会社にその点がバレるといろいろなペナルティが課せられます。

カードが利用停止になったり、自己破産で免責がされなくなる可能性があるなど、デメリットは大きいです。

ですが、そういったリスクを冒してでも現金を得る必要がある。

そういった利用者の状態に、悪質な業者は付け込んできます。

仕事や日常生活で急にお金が必要になって、急いでお金を手に入れる手段としてカードの現金化を活用するケースが多いでしょう。

手持ちでまとまったお金がなく、頼れる人もいない場合、ショッピング枠の現金化もやむを得ないかもしれませんが、そういったひっ迫した状況を狙っている存在がいるということは覚えておくべきでしょう。

 

また、多重債務者やブラックリストに入っている人も、精神的に追い詰められていると視野が狭くなってしまいがちなので、詐欺被害に遭いやすく、注意する必要があります。

クレジットカードの現金化自体、そもそも法律的にはグレーゾーンですが、一定のニーズが存在しているため、よほど厳しい法整備でもない限りは、これからも業者自体がなくなることは考えにくいでしょう。

ですので、現金化業者を利用するときは、細心の注意を払う必要があると言えます。

 

現在は、カードの現金化業者を探すときは、インターネットから検索して業者を見つけるケースが多いはずです。

その時、ホームページに住所や電話番号はきちんと明記されているのか。

そして、住所をグーグルストリートビューで検索してみて、本当に店舗が存在するのか。

そういったところまでは、最低限確認したいところです。