1. ホーム
  2. ≫クレジットカードを安全に現金化する一番いい方法とは

クレジットカードを安全に現金化する一番いい方法とは

グレー


ショッピング枠現金化はグレーゾーンのサービスですので、違法性についてしばしば問題視されることがあります。
しかし、ショッピング枠現金化と一言でいっても、業者によってサービスの提供方法に違いがあり、白に近いグレーもあれば、黒に近いグレーもあります。

ショッピング枠現金化というもの自体がグレーゾーンである

白に違いグレーというのは、消費者にサービス内容をきちんと説明した上で、違法性の低い買取方式で取引している業者といえます。

違法性といっても、古物商が商品を買い取るだけですので、合法的に営業している質屋や各種中古店と手続き上は変わりません。

しかし、初めから換金目的で取引するということがクレジットカード会社の利用規約に反するため、完全に合法と言い切ることはできません。

そのことについては消費者も納得して取引すると思いますが、声高に「合法である!」と主張する業者は、誇大広告を行う業者と同じく、消費者に誤解を与えた上で取引しようとする悪質性があります。

そのような業者は、キャッシュバック方式または買取方式であっても黒に近いグレーといえます。

実際、消費生活センターに寄せられる相談も、「ショッピング枠現金化についてよく知らないまま取引してしまった」という内容が多いです。

 

きちんと説明している業者、成約通りに取引している業者を利用すれば、消費者も納得した上で取引するため、このような苦情に発展することはありません。

また、黒に近いグレーどころか、詐欺を目的とした真っ黒な業者も残念ながら存在します。

 

ショッピング枠現金化では、ホームページで誇大広告を行って集客している業者がおり、問い合わせてみるとホームページの内容と違った、ということは割とあります。

ですが、問い合わせの際に正しい内容を教えてもらえれば、その時点で契約するかしないか、改めて判断することができます。

しかし、詐欺目的の業者は、契約するまで一貫して嘘を吐き続けるため、業者を信じ込んでしまうと騙される可能性が高くなります。

成約内容を覆すことは当然違法行為ですので、詐欺として訴えられるのは当然です。

黒に近いグレーはあくまでグレーですが、本当に注意しなくてはならないのは真っ黒な違法業者も存在です。

ショッピング枠現金化に限らず、お金に関する世界ではどこからともかく違法業者が現れますので、このような悪質な詐欺業者に騙されないように細心の注意を払う必要があます。

とはいえ、違法業者を見分けるのは、実はそれほど難しいことではありません。

たとえば、会社を設立してから間もない業者、換金率が相場よりも高すぎる業者などは、違法業者の可能性が高いです。

設立年数が長く、換金率が相場の業者をチェックしていくと、自然と知名度の高い大手に辿り着くと思います。

 

ショッピング枠現金化での方法まとめ

方法まとめ


クレジットカード現金化にはいくつかの方法があります。

昔から行われてきた買取方式

商品をクレジットカードで購入して、自分で買取専門店や質屋で現金化する買取方式です。

この方法は、まず高級なブランドバッグや時計、宝石や金券などをクレジットカードのショッピング枠で購入し、それらを高額買取してくれる店舗に持ち込んで買い取ってもらいます。

換金率は商品によって様々です。

これは実際に買取専門店で現金買取をした経験のある方ならば分かるでしょう。

いくら未使用の新品でも、一旦誰かに購入された商品は新古扱いとなり、数パーセント、数十パーセントの価格落ちが発生します。

例えば人気のブランドバッグを包装をほどかずに買取店へ持って行ったとします。

鑑定士は全くの未使用を確認して査定額を付けますが、20%ぐらいは金額を下げて提示するのが一般的です。

その理由は簡単で、よほどのプレミア商品でない限り、転売する時に店頭価格のままの定価では売れないからです。

多少なりとも金額を下げてショーケースに並べます。

そしてここに買取作業に掛かるコスト、店舗で陳列するコスト、別のところに転売する場合はそのコストなどを加算して、さらに買取店の利益も上乗せしなければ買い取る意味がありません。

こういった費用相場は、未使用品の場合でも定価の20%以上となります。

ただし、いくら人気商品でもバージョンや色、モデルがちょっと違えば査定額は簡単に下がってしまいます。

また人気のない商品だといきなり半額になる事もあって、流行を的確にとらえていなければ高額買取を逃してしまいます。

個人が買取方式を行う場合は、現金が目減りするリスクを覚悟しておかなければなりません。

とは言いながら、この方法を利用する人は意外と多いのも事実です。

それはこれまでの長い歴史が成功率の高さを証明しているからかもしれません、仲介の業者を通さないので、全ての工程を自分で確認しながら進められる安心感も理由にあります。

ですが、最近はクレジットカード会社が換金性の高い商品を購入したカードユーザーをチェックしています。

そしてクレジットカード現金化を行ったとみなした場合にカードの利用停止を掛け、一括返済を請求するケースが増えています。

ですから、個人で買取方式をするメリットはあまりないのが現状です。

これまで上手くいってきたと自負する方も、今後はさらに条件が厳しくなる可能性を考慮しておくと良いでしょう。

 

キャッシュバック方式と呼ばれる方法

キャッシュバック方式と呼ばれるもので、こちらは現金化の方法としては高換金率で最速の方法と言っても良いでしょう。

ネット検索をするとキャッシュバック方式の現金化サイトが多数アップされます。

そのうちのひとつを開いて見ますと、いきなり換金率90%とか95%といった高換金率の宣伝文句が飛び込んできます。

商品を購入して買い取ってもらう買取方式では80%ぐらいが相場ですから、この換金率の高さは驚きと言ってもいいでしょう。

消費者金融のキャッシングを利用するのとほとんど変わらない手数料で現金が手に入るレベルなのです。

最近は換金率競争が激化してきていて、97%や98%をつけているところもあります。

もちろん実際の換金率はケースバイケースで、提示されているパーセンテージは最大の場合である事は理解しておいてください。

キャッシュバック式が高換金率である理由は、実際に価値のある商品を売り買いするためではないからです。

高級アクセサリーもブランドバッグもここでは売買されません。

利用者が買うのは100円均一で売っているような粗悪品で、それを100倍・1000倍の価格で購入する代わりに、キャッシュバックのサービスを受ける方法なのです。

つまり、商品選びの知識も、わざわざ宅配で商品を受け取る面倒も、その商品を店舗に持ち込んで買取ってもらう手間も一切ありません。

手軽で、しかも確実性の高い現金化の方法ということになります。

また、現金化サイトで商品購入をした時点ですぐにキャッシュバックを行ってくれるので、早い場合ですと10分後には銀行口座に現金が振り込まれています。

急ぎの用事で現金化している方には最適なのが、キャッシュバック方式で、この利便性があるから利用しているという方も少なくありません。

ちなみに買取方式を利用すれば、基本的には、2,3日ぐらい現金が振り込まれるまで待たなければならないのが普通です。

そして、この方法だとクレジットカード会社の追跡を逃れやすいというメリットがあります。

換金性の高い商品購入リストに載らないことで、ターゲットにされにくい効果があるのです。

つまりクレジットカード利用規約違反になりにくいため、かなり安心して現金化の利用ができると言えるでしょう。

もちろんクレジットカード会社も実態把握に積極的ですので、全く安全とは言いきれませんが、個人で買取方式を行うよりは安全性が高い方法です。

 

大手インターネットショッピングが発行しているギフト券の転売

クレジットカード現金化でより安全性が高く換金率の高いものを探すなら、大手インターネットショッピングが発行しているギフト券を利用することを検討しましょう。

基本的に商品券や金券はクレジットカードでの購入が難しくなってきています。

その理由は、クレジットカード会社が換金性の高い商品券のカード決済を拒否する傾向にあるからです。

しかしネットショッピングサイトが発行しているギフト券は意外とすんなり購入できるために、現在ではクレジットカード現金化のアイテムとして利用者が増えてきました。

では、このギフト券をどこで換金すれば良いのかと言いますと、実は街の金券ショップでは買取してくれません。

なぜならば、このギフト券はコード入力型といって、未使用かどうかのチェックにアカウント登録の必要があります。

ですが、店舗買取の際にアカウント登録をしてしまえば、それは既に未使用とはならずに価値が半減してしまうのです。

ではチェックせずに買取ができないのかと言えば、それは金券ショップの不利益となります。使用済みで金額が減っていれば売り物にならないので、わざわざ買取する理由がないのです。

そこで大手インターネットショッピング発行のギフト券利用の手順は以下の通りです。

まずこのギフト券をネットの金券ショップで自分で売却します。換金率は95%前後にはなりますので、かなりお得な方法になるでしょう。

つまりこのギフト券をクレジットカード決済して、そのままネットの金券ショップ系のサイトに入り、今買ったばかりのギフト券をWEB完結で買い取ってもらうのです。

買取が成立すれば、すぐに指定銀行へ振り込みがなされますので、ほんの数分後には現金が手元に届くという流れになっています。

しかし、今現在はこの手法もクレジットカード会社にチェックにされていて、そう長い事はもたないとも言われています。

実は以前に新幹線の回数券の現金化が流行ったことがあります。

これもクレジットカードで東京―大阪間の回数券を購入し、金券ショップで高換金率で買取をしてもらっていました。

その実態が明らかになってから、クレジットカード会社は新幹線の回数券の購入拒否を設定したのです。

これと同様のことが、このギフト券の場合も適用される可能性は大いにあります。

今のところは大丈夫ですから、利用する価値は十分にあるのですが、それでも利用規約違反とみなされる可能性が残っています。

そういった意味で、無理にこの方法を利用する事はないでしょう。

そうではなく、実績の高いクレジットカード現金化サイトを利用する方が無難だと言えます。

 

電子マネーを使って現金化できる

最近流通が盛んになってきたアイテムに電子マネーがありますが、これを使って現金化ができます。

実はクレジットカードには電子マネーへのチャージ・入金ができるシステムがあります。

これによってクレジットカードを利用する事で電子マネーでの現金化の方法ができるようになります。

しかも業者を通すこともなく、チャージした現金をほぼ100%入手できるのです。

電子マネーでの現金化の考え方は次の通りです。

まず電子マネーで購入したものに関しても、クーリングオフの制度が利用できます。

もちろん限られた商品になりますので、クーリングオフの対象商品かどうかのチェックはしっかりとしておきましょう。

こうして購入した商品をクーリングオフで返品して、返金を受けるのです。

この返金は電子マネーではなく現金が指定口座に振り込まれます。

つまり100%現金になって戻ってくるということです。

また、この方法のメリットは、現金化の実態がクレジットカード会社に分かりにくいことです。

クレジットカード会社がチェックしている換金性の高い商品ではないので、割と見逃されやすいという利点があります。

ただし、クレジットカードから電子マネーをチャージする場合、支払いが一回払いになっているカードが多いのでご注意ください。

この支払いが分割OKの場合には、換金率の極めて高い手段として有効となりますが、一回払いになっている場合は、ケースバイケースでの利用価値しか発揮されません。

しかもクーリングオフで返金されるまでにはかなりの時間が掛かります。

商品を返品して、販売店がそれを受けとり確認を済ませ、その後に振り込みになるので1週間ぐらいは待たなければならないからです。

つまり急いで現金を必要としている方には向いていない方法だと言えるでしょう。

 

現金化の方法は考えれば無限に存在する

現金化の方法は無限にある


ここまでで見てきた
  • 買取方式での方法
  • キャッシュバック方式での方法
  • 大手ショッピングサイトのギフト券を利用した方法
  • 電子マネーでの現金化の方法

のように、ちょっと変化球的なクレジットカード現金化の方法がいくつかありますが、ポイントは現金化の利用をカード会社に悟られないことと、換金率がある程度高いことです。

いくらカード会社に分かり難い方法だとしても、換金率が50%だとか60%では、返済リスクが高くなって、利用する価値が無くなってしまいます。

そういった事を考えれば、やはり正当的に実績の高いクレジットカード現金化サイトを利用するのが一番かも知れません。

換金率は80%以上は当たり前で、最近では90%以上の所増えています。

しかも安心して利用できる評判のサイトもランキングや口コミでチェックできますので、そういったサイトを利用すると良いでしょう。

 

現金化を紹介されたら?

紹介されたら


インターネットで在宅アルバイトなどを探していると、登録料と称して現金の支払いを求めるケースがあります。

「誰でも簡単にできる仕事」「登録したらすぐに始められる」などと言われてお金を払うも、結局仕事を紹介されなかったり、十分な報酬を得られなかったりする場合があります。

その他にも、「教材を買えば仕事を紹介する」「特殊な仕事だから研修料が必要」「仕事を紹介するための情報料」など、様々な手口でお金を引き出そうとする詐欺があります。

中には、本当に仕事を紹介してくれる、仕事のやり方を教えてくれる場合もあるでしょうが、代金の支払いのためにショッピング枠現金化を紹介するような業者は、振り込め詐欺の可能性が高いです。

お金がないから仕事をしたいのに、仕事を始めるためにお金が必要と言われても、ほとんどの消費者は躊躇します。

「お金がなくて登録することができない」そう消費者が悩んでいると、「お金がなくても現金を手に入れる方法がある」などとショッピング枠現金化を紹介します。

ショッピング枠現金化は、クレジットカードのショッピング枠から手数料を差し引いた金額を現金化することができますが、クレジットカードで現金を購入しているようなものですので、あとで商品代金を支払うしかありません。

そのことを知らされず、ただ「現金を手に入れる方法」としてショッピング枠現金を紹介され、素直に利用してしまう方もおりますが、結局仕事を紹介してもらえないと意味がありません。

振り込め詐欺に遭っても、現金化業者と詐欺師との間には何の関係もありませんので、現金化業者に文句を言っても振り込んだお金は戻って来ません。

ショッピング枠現金化は、使用目的を問われず誰でも利用できるというメリットがありますが、使用目的を問われないということは、その分消費者の判断力が重要になります。

登録料や情報料の支払いとしてショッピング枠現金化を紹介されたら、振り込め詐欺の可能性を考えて関わらない方が賢明です。

また、消費生活センターに寄せられるショッピング枠現金化に関する相談として、ショッピング枠現金化のシステムやサービス内容についてよく知らないまま取引してしまい、キャンセルできず、どうすればよいかアドバイスを求める相談は多いです。

ショッピング枠現金化については、インターネット上で少し調べれば多くの情報を取得することができますが、お金がなくて焦っていると、業者の言うことを鵜呑みにしてあまり調べないまま取引してしまうケースが多いようです。

業者によってシステムやサービス内容はそれぞれ異なるため、取引内容をすべて確認し、納得してから取引することが大切です。