1. ホーム
  2. ショッピング枠
  3. 顧客満足
  4. ≫顧客満足は業者の総合評価

顧客満足は業者の総合評価

顧客満足とは


顧客満足度の高い業者を利用してショッピング枠現金化をしたいと思うのは誰にも共通することです。
そのために多くの人は熱心にネット検索をしています。ネット上にもそんな要望に応えるようなサイトがたくさん設置されていて、ランキングで優良業者を表示したり、各業者のサービス内容を比較するサイトがあったりと、今時の現金化はネット舞台にかなりの情報が得られるようになっています。
ランキングサイトの中には顧客満足度でランキングを作成しているところも多く、顧客満足が得られている業者なのであれば優良業者であるという図式が成り立っています。

しかしここでひとつ疑問が生まれます。顧客満足の高い業者が優良業者であることは分かったとして、いったい顧客満足の高い業者をどうやって判定しているのでしょうか?

多くのランキングサイトは、利用者の口コミや体験談などの投稿を受け付けています。
その結果によって各業者の評価を数値化して数値の高い順にランキング表示するようになっています。
まさにネット上のコンテンツらしい作りになっているので、表示されているランキングは必ずしも一定ではありませんが、アクセスした時に1位になっている業者は、その時点で最も多くの利用者から支持を得ている=つまり顧客満足が高い業者だということになります。

利用者の投稿によるものだとは思いますが、顧客満足の基準ってどこ!?

ではそのランキングサイトに評価を入れている利用者は、ショッピング枠現金化業者のどこを見て良い・悪いを決めているのでしょうか。

まず第一段階として、「ちゃんと現金を振り込んでくれた」という点が挙げられます。
そんなこと当たり前だと思われるかも知れませんが、過去にそれを怠る悪質業者が実在していたこともあり、初めて利用する人の大半はかなり疑り深くショッピング枠の業者を見ています。
そんな目で見られていることもあって、ちゃんと振込みが約束通り行われた時点で、優良業者の仲間入りをする権利を与えているのです。

この第一段階を踏まえた上で還元率の高さであるとか、振込みまでの速さ、電話での申し込みになった場合は応対した人の印象など数多くの条件を総合的に加味し評価が決められています。
顧客満足とはこうした複合的な項目を全て加味した上での利用者の評価なので、最も信憑性が高い目安となる数値と言っても良いでしょう。

ショッピング枠現金化のターゲット層

ターゲット層


ショッピング枠のサービスは当初、特定のターゲット層を対象にしたサービスだと言われていました。

そのターゲット層とは、専業主婦や学生・無職の人などです。

これまではこういった人たちもキャッシングローンを利用できていたのですが、法改正によって施行された総量規制によってそれができなくなったことで、金策のあてがなくなってしまった人たちの受け皿としてショッピング枠現金化が注目されているという形です。
ショッピング枠現金化業者を見ても、このようにキャッシングローンを利用できなくなってしまった人たちをターゲットとするところがほとんどでした。

しかし今ではそういった構図に少し変化が見られます。

例えばとあるショッピング枠現金化業者のホームページを見てみると、「新社会人を応援!!」というキャッチコピーが躍っていました。
新社会人とはサラリーマンなので、本来であればキャッシングローンを利用できるはずの人たちです。
しかし実際にはこうしたキャッチコピーが出てくるほど、新社会人のショッピング枠の利用が多いのです。

その理由を見ていくと、現在の日本を覆っている状況が透けて見えます。

定期的な収入がある新社会人ですが、そこからショッピング枠現金化を利用する人たちというのは、学生時代からすでにお金の借り入れがある人たちだと断定して良いでしょう。
全く借り入れがない人はキャッシングローンを利用すれば良いわけで、キャッシングローンであれば最初から最後まで現金取引なので、還元率云々を気にする必要もありません。
新社会人がショッピング枠現金化サービスを利用するのは、すでにキャッシングローンの借り入れが一杯になってしまっているか、それまでの限度枠ではやり繰りに足りないなどの理由が考えられます。
また中には両方の理由が重なっている人もいるでしょうし、昨今の経済状況では家庭の事情により、奨学金などの返済に迫られていることも考えられます。

このようにすでに定期的な収入のある職業に就いているターゲット層が、ショッピング枠現金化を利用しているのが今の実情です。

ですがこれらは見方を変えるとキャッシングローンに代わるやり繰り方法として、現金化が定着していることの表われとも言えます。
今後は現金化のターゲット層がもっと変化して、このように収入のある人も普通に利用するようになっていくかも知れません。その時はキャッシングローンに変わる新しいサービスとして変化を遂げている可能性すらあるのです。