1. ホーム
  2. ≫返済方法が選べるってホント!?分割やリボ払いの選択が可能

返済方法が選べるってホント!?分割やリボ払いの選択が可能

返済方法選択


ショッピング枠現金化は、返済方法が選べるキャッシングです。

 

現在職探し中で収入のない方など、お金がなくて毎月の返済が厳しい方は多いと思います。

そのような方でも、ショッピング枠現金化ならクレジット会社のリボ払いが使用できるため、最低5,000円+手数料から、返済金額を設定することができます。
(クレジット会社によって最低支払額が異なる可能性があります。)

 

一般的にリボ払いは、月々の返済額が少なくて済むぶん金利が高くなるといわれていますが、それは返済期間が長引いたときの話であり、収入が入り次第まとめて返済すれば金利負担はさほど大きくなりません。

リボ払いは、いつでも好きな時に好きな金額を繰上返済できますので、「今月は厳しいから返済は少しだけ」「臨時収入が入ったからまとめて返済しよう」など、自分の都合に合わせて返済計画を立てることができます。

 

また、クレジット会社の返済方法には、その他にも一括払い・分割払い・ボーナス払いがあります。

給料日前にキャッシングしたいという方は、一括払いを利用すればカードの金利はかからず、現金化業者への手数料だけで済みます。

分割払いは、リボ払いのように自分で好きな返済金額を設定することはできませんが、毎月決まった金額をきちんと返済したいという方、自分に甘く返済金額を管理できないという方には、おすすめできる方法です。

分割払いも、基本的に繰上返済可能ですので、収入が入り次第どんどん返済すると、金利負担もそれほどかかりません。

キャッシングをすると、借金を返せなかったときに怖いというイメージがあります。

確かに、借金を返済できないと最終的に家から立ち退くしかないということもありますが、クレジット会社をはじめ、金融機関側では利用者が無理せず借金を返せるよう、さまざまな返済方法が用意されています。

とくにショッピング枠現金化は、クレジット会社を利用するため、闇金融などのように過剰な金利を請求されたり、いきなり家まで取り立てに来られたりする心配はありません。

 

また、クレジット会社の金利は消費者金融よりも低く、長期借入でも負担になりにくいというメリットがあります。

事情があって消費者金融を利用できない方、審査を受けずにすぐにお金を手に入れたいという方は、ぜひショッピング枠現金化を利用して手軽にキャッシングしてみましょう。

ショッピング枠現金化は、消費者金融を利用できない公務員の方にもおすすめです。

カード会社の支払い方法が口座引き落としなら簡単

支払簡単

ショッピング枠現金化の支払い方法は、消費者金融と比較すると、とっても簡単です。

消費者金融も、店舗に行かずに最寄りの提携ATMを利用することができるので、楽と言えば楽なのですが、家の近くに提携ATMがないと振込も一苦労ですし、振込のたびに手数料がかかるケースも多いです。

 

一方、ショッピング枠現金化はクレジットカードの立替払いを利用するため、直接の支払先はクレジットカード会社であり、支払日もクレジットカードの毎月の支払日となります。

ショッピング枠現金化は、キャッシングのようなイメージがある方も多いと思いますが、あくまでクレジットカードのショッピングですので、所定の支払日になると他のショッピング代金とともに銀行口座から引き落とされます。

銀行口座にお金が入っていれば、わざわざ入金する必要がありません。

また、自動引き落としですので振込手数料もかかりません。

この支払いの手軽さが、ショッピング枠現金化のメリットの一つです。

 

さらにショッピング枠現金化は、支払方法を選べるというメリットがあります。

消費者金融からお金を借りると1日毎に利息が発生しますが、ショッピング枠現金化では一括払いや二回払いなど利息のかからない支払方法を選択できます。

支払日をしばらく先にしたいという時は、支払日を約半年間先延ばしにするボーナス払いや、スキップという方法を使用することができます。

また、毎月コツコツ返済したい方は分割払い、毎月の返済額を最小限に抑えたい方はリボ払いという選択肢もあります。

ただし、リボ払いは放置しておくと一向に元金が減りませんので、返済できる当てが出来たらどんどん繰上返済を行いましょう。

自動引落しですので、うっかり忘れてしまわないよう気を付けましょう。

 

ショッピング枠現金化は、しばしばヤミ金と同列に語られることもありますが、支払い方法一つとってもヤミ金とは大きく異なります。

上記の通り、ショッピング枠現金化の支払先はクレジットカード会社になるため、ヤミ金のように怖いお兄さんたちと会う必要がありませんし、万が一支払いに遅れたとしても、ヤミ金のように厳しい取り立てをされることもありません。

クレジットカード会社の督促は、電話やハガキによるものであり、返済の圧力が低いです。

もちろん、だからといって返済に遅れて良いわけがありません。

何度も支払日に間に合わないと、突然クレジットカードを利用停止され、商品代金を一括請求されることもあります。

返済が滞らないよう、計画を立てて行いましょう。

 

使い方次第で換金率が100%を超える?

返済計画が大切


クレジットカード現金化を利用するときは、換金率が問題と思う人も少なくないはずです。

ショッピング枠を現金に換えられるなら多少は仕方ないものですが、業者を利用するとかなり低い換金率のケースが見られます。

 

消費者金融の審査に落ちたなどの事情がある人にとって、クレジットカード現金化は有効な方法ですが、換金率が70%台だと損失もかなりです。

少額で消費者金融を利用した場合の金利が18%ということを考えると、30%が業者側の取り分というのはとても厳しい状況です。

現金化の方法は、自分で換金する、業者を利用するの2つがあります。

自分で現金化する場合は手間と時間もかかり、常に一定の換金率が約束されないというデメリットはありますが、上手く活用すれば換金率が100%以上になることもあるのです。

100%を超えるということは、例えばショッピング枠を使って3万円の商品を購入して、それ以上の現金が得られるということです。

そんなうまい話があるのかと思うかもしれませんが、購入する商品の種類やそのタイミングによっては十分に実現できる数字なのだと知っておいてください。

中古になっても価値がほとんど下がらないものや、すぐに品薄になるとわかっている流行り物を前もって購入しておく。

これができればクレジットカード現金化でかなりの換金率を実現できます。

例としてはスマートフォンの新機種や最新のゲーム機があります。

自分で買うときは値段が落ち着いてから買おうと思う人も多いのですが、多少定価より高くてもすぐにほしいと考える人は必ずいます。

その需要とかみ合えば、クレジットカードで狙い目の商品を買って転売をすることで高換金率の現金化が実現できます。

クレジットカード現金化と言うよりは「転売」や「せどり」のようなものになりますが、ショッピング枠を使って買物をして、その商品を使って現金を手に入れられるのでこれもクレジットカード現金化になります。

この方法の弱点は、いつでも使えるとは限らないところです。

幅広いジャンルをチェックしていけば現金化に使える商品はたくさん見つかるので、常日頃から流行り物や品薄になりやすいものについての情報をチェックしていくことである程度はカバーできます。

 

ここで紹介をした方法は裏ワザ的なものです。

実際に活用するのかはともかく、このような方法もあると知っておくことは決して損になりません。

クレジットカード現金化にはいろいろな方法があると知っておけば、もしもの時にそれだけ選択肢が増えるのです。

 

グレーゾーンって呼ばれているけど、クレジットカード現金化は大丈夫?

クレジットカードの現金化は、2018年8月現在でグレーゾーン案件として保留状態になります。

当局も今後の状況を判断しながら、必要に応じて対応策を講じる可能性は十分にあるのです。

ただし、新たな法整備がなされない間は、現行のまま現金化を行うことは大丈夫です。

つまり法治国家である日本では、あくまでも法律に従って生活・経済活動を行います。

その法律がNGを出していないケースは、例えグレーゾーンでも利用する事が可能です。

道徳的な定義はそれぞれの判断によるでしょうが、違法でないものを頭から否定するのも民主的ではないでしょう。

 

ただし、利用者の方が注意すべきことがあります。

サイトで現金化サービスを提供している業者は、『キャッシュバック式』か『商品買取式』を採用していますが、どちらも手持ちのカードで高額商品の購入をしなければなりません。

ということは、その後支払いつまり返済が待っているということで、返済額に見合う現金をしっかりと確保しなければならないのです。

クレジットカード現金化でのトラブルとして、最も多いのが返済の遅延や滞納です。

いくら現金化が上手くいったからといって、それでもう大丈夫と安心してはいけません。

例えば数十万円の商品購入をしたら、分割払い分の数万円を毎月返済として支払うことになります。

そもそもお金が無くて困っていた方が現金化を行う訳ですから、その後の返済に余裕があるとは限らないでしょう。

それで61日以上の長期滞納をしたり、返済不能にでもなればあっという間に任意整理が始まり、ブラックリストに載ってしまって、その後何年間かは融資を受けるとこができなくなります。

カードの利用停止はもちろん、その他のキャッシングもローンも新規に組む事ができないというペナルティが発生するので、生活自体が立ちいかなくなるリスクもあるのです。

 

また、返済方法などのプランニングをしっかりと立てた状態でクレジットカードの現金化を行っても、利用する業者をちゃんと選ばなければ目当ての現金を受け取れないこともあるかもしれません。

換金率が高いからといって、よく確かめないで利用すると、ほんとうに悪徳業者に捕まってしまうリスクも考えておきましょう。

調子の良い宣伝文句に騙されるようなことは避けて、実際に現金を振り込んでもらえる業者を選ぶことが肝心です。

その為には、2チャンネルなどのフリーの掲示板や口コミサイトが役に立ちます。

生の口コミでトラブルが発生していないようならば、安心して利用できるかもしれません。