1. ホーム
  2. ショッピング枠
  3. ≫必要なモノって何?これだけは最低限用意しておいた方がいい

必要なモノって何?これだけは最低限用意しておいた方がいい

必要なもの


ボランティアでない限り、他人にお金を貸す場合は、必ずお金が返済されるという確信がないと行われません。

 

とくに見ず知らずの他人であれば、なおさらです。

そのため金融機関では、お金を借りたいと申込んだ人に対して、必ず審査が行われます。

審査の内容は、個人情報から信用情報の確認まで幅広く、信用できないと思われれば、いくら年収が高くても審査に通過できるとは限りません。

また、審査の甘い金融機関であっても、信用できないとみなされれば、担保や保証人が必要となります。

このように、金融機関というのは簡単にお金を貸してくれるようでそうでもありません。

とくに2010年の法改正により、無収入の方は消費者金融を完全に利用できなくなりましたので、ますますキャッシングすることが難しくなります。

 

しかし、このように個人情報や信用情報、担保、保証人などを一切必要とせず、使用可能なクレジットカードがあれば誰でもキャッシングできる方法があります。

それは「ショッピング枠現金化」や「クレジットカード現金化」と呼ばれる方法であり、クレジットカードを使用して特定の商品を購入するだけで、現金が口座に振り込まれます。

特定の商品というのは、別に怪しい商品ではありませんが、商品自体にはあまり価値はありません。

というのも、ショッピング枠現金化では、クレジットカードを使用して口座振込が行われる、その結果ATMから現金を引き落とすことができる、という過程を経ることが重要であり、どのような商品を売買したかということは、あまり関係ないからです。

そのため、商品はぬいぐるみであったり本であったり「情報」であったりさまざまであり、中にはメールで「情報」を送信し、取引終了という場合もあります。

ただし、そのような「キャッシュバック方式」の業者ではなく、「買取方式」の業者の場合は、商品自体を換金するため、貴金属や宝石など、市場価値のある商品を扱うことが一般的です。

また、業者を利用せずに個人で商品を購入・換金する場合も、クレジットカードを使用すればショッピング枠現金化に該当しますが、注意しなくてはならないのは、クレジット会社はショッピング枠現金化についてあまり快く思っておらず、利用規約によって禁止している場合もあるということです。

そのため、限度額いっぱいまで商品券を購入するなど、あからさまに換金目的を疑わせる取引を行えば、最悪の場合クレジットカードを利用停止される恐れがあります。

 

どいういった現金化の手段を選択するかでメリットが変わる事を学ぶ

手法を学ぶ


クレジットカードには、キャッシング枠とショッピング枠があります。

お金を借りたいという時は、通常であればキャッシング枠を利用しますが、クレジットカードはもともと消費者が便利にお買い物をするためのツールであり、キャッシング枠の限度額は低めに設定されています。

 

クレジット会社は消費者金融よりも低金利なため、利用者としてはもっと限度額を大きくしてほしいところですが、クレジット会社の多くはキャッシングについて後ろ向きであり、できればサービスを辞めたいという会社もあれば、初めからショッピング枠しか作っていないという会社もあります。

そのため、キャッシング枠が埋まってしまったあとは、限度額の増額交渉などは行えず、金利の高い消費者金融を利用するしかありません。

しかし、実はもう一つのツールであるショッピング枠を使用して、キャッシングすることは可能です。

それはクレジット会社によって認められた手段ではありませんが、法的なリスクはなく、手軽に利用できるキャッシング方法として密かに話題となっています。

 

では、「ショッピング枠現金化」の具体的なやり方について見てみましょう。

まずは、クレジットカードで金属類や金券類など、換金率の高い商品を購入します。

次に、その商品を古物商(買取店)に持っていき、換金します。

これで終了です。
非常にシンプルな方法であり、既読の本を古本屋に売却するのと何も変わりません。

ですが、クレジットカードを使用することで、現在手元にお金がなくても現金を手に入れることが可能であり、分割払いやリボ払いを設定できるため、自分の都合に合わせて支払いペースを調整することもできます。

もちろん、消費者金融のように審査や担保、保証人などは必要ないため、審査になかなか通らない、審査している時間がないという方にも利用しやすい方法です。

 

しかし、換金率の高い商品を購入しても、売却する時は購入時の60%~70%になってしまうことは一般的です。

非常に換金率の高い金券類も、一度にたくさん購入するとクレジット会社から目を付けられてしまう恐れがあり、大きな金額をキャッシングしたいという場合には不向きです。

そこで注目されるのが、ショッピング枠現金化を専門的に行う業者であり、業者を介して行うことで、換金率80~90%も可能です。

また、手続き上は通常のショッピングと変わらないため、クレジット会社から目を付けられる可能性も低く、安全に取引することができます。

 

今すぐ現金が必要になったときに用意すべきモノ

用意すべき必要なモノ


お金が必要になったときに、一番早く現金が手元にくるのはクレジットカードの現金化となるのが現状です。

では、クレジットカード現金化でお金を手に入れようとしたときに最低限必要なモノとあったら便利なモノをご紹介したいと思います。

まず、カードのショッピング枠を使って換金するのですからクレジットカードが最低限必要になってきます。

ここで注意しなければならないのが、カードの名義人です。

クレジット枠現金化の専門業者などは基本、申込み者本人の名義のカードでしか現金化は取り扱ってくれません。

万が一、申込み者とクレジットカードの名義が違っていて決済を行ってトラブルとなってしまったときに決済を行ってしまった業者側に責任が問われてしまう事があるので本人名義のカードでしか基本的には取り扱いをしてくれないようになっています。

 

さらに、カード決済完了後に現金を実際に手に入れる時に必要になってくるのが銀行口座になります。

現金化の業者が利用者に現金を渡したくてもインターネットでの申込みの場合、離れていて困難だったり仕事中で会社を抜け出せないといった状況でも簡単に送金するために使われているのが銀行口座になります。

最近では、即日での融資を希望されることが多いためとにかく即日融資が必要なのであればインターネット銀行が便利です。

ネット銀行ともよばれ、通常の銀行業務時間外での送金でもリアルタイムで口座間のお金のやり取りが可能となるシステムのことです。

現在ではネット銀行としても利用できる銀行が多くなってきて、大手メガバンクや地方銀行でもネット口座の利用を選択できるようになってきました。

しかし、ここで大切なのはネット銀行を持っていることではなくて申込みをする現金化業者の銀行とリアルタイムで送金が反映されるのかということが肝となります。

リアルタイム送金ができなければネット銀行といっても翌営業日でしかお金がおろせません。

 

また、各業者で聞かれることなのですが携帯電話や固定電話でも連絡の取れる手段を求められることがほとんどです。

それは、現金化業者が申込み者と直接連絡をすることで本人確認を行っているからで、申込みの際に電話番号の入力が必須項目となっていることがほとんどです。

もちろん、電話番号がなければ絶対に申込みができないわけではありませんが、業者側の確認手段として用いられることも多く、断られる可能性もあるという一例です。

もちろん店舗型に来店すれば必要になるようなモノはクレジットカードだけですし、現金の受け渡しも店頭でできるようになるので口座を用意する必要もなくなります。

前述でのお話はインターネットを使って申し込んだ場合の内容となりますのでネット回線やWi-Fiがない状況では店舗型の現金化を利用するしか手立てはありません。