1. ホーム
  2. ≫必ず比較して選ぼう!自分でできる業者の選択

必ず比較して選ぼう!自分でできる業者の選択

現金化の比較


クレジットカードのショッピング枠の現金化を行ってくれる業者はたくさんあり、どの業者を使えばよいのか、判断に迷うケースも少なくありません。

カードの現金化自体、法律のスキマを縫ったグレーなビジネスのため、悪質な業者も存在している業界です。

ですが、顧客のことを考えて、真っ当に営業している優良業者も存在しています。

 

現金化の業者を優良店の条件で比較してみよう

クレジットカードの現金化の優良な業者は、換金率と入金スピード、信用と実績の3つの条件から判断することができます。

換金率の体系は業者によって異なりますので、できるだけ換金率が高い業者のほうが良いでしょう。

しかし、異様に高い換金率でも、手数料などで差し引かれて、実質的な換金率がそれほどでもない業者もありますから、実際にはどれくらい還元されるのか、しっかりとチェックすることが大事です。

 

また、何かあったときに問題なくキャンセルできる、キャンセル料を取らない業者のほうが良いでしょう。

スピードについては、やはり、早いほうが良いです。

ショッピング枠を現金化をするということは、できるだけ早く現金が手元に欲しいわけですから、お金が手元に来るまでのスピードも重要と言えます。

あと、クレジットカード現金化の業者選びで一番大事なのはこれまでの実績です。

悪質業者は長く営業することが難しいので、長くやっているということは、それだけ良いところとシンプルに考えて良いでしょう。

現金化の業者比較サイトなどで上位に来る現金化業者を見てみると、たしかに高い換金率のところが人気になっています。

しかし、人気の理由は高還元だけではなく、創業から数年以上が経過していて素早い対応ができるなど、優良店としてのポイントをしっかり押さえているのです。

 

とある業者は、還元率が最高で90%を超えているなど、この業界においては非常に高い還元率を提示しています。

加えてハイスピードな入金対応をうたっています。

現金化において早さというのは重要な要素ですから、その点でも利用する人にとってはありがたいはずです。

また、古物商許可を取得しているので、信頼性も保たれています。

このように印象の良い業者であれば、利用してみるのはアリではないでしょうか。

 

基本的に、クレジットカード現金化の比較サイトなどで上位に来ている業者は、支持されるだけの理由をしっかりと持っている優良店が多く見られます。

とはいえ、利用するのは自分ですから、業者選びは換金率・入金の早さ・信頼性を比較して決めるようにしましょう。

 

ショッピング枠現金化のネット型と店舗型の業者を比較

ネット型と店舗型の比較


クレジットカード現金化の業者というのは多数存在しています。

数ある現金化業者は、主に、ネットオンリーで展開している業者と実店舗も展開している業者の2つに分けることができます。

ネットオンリーの業者と、店舗もある業者では、それぞれ違いがありますので、両者の特徴を比較してみます。

 

クレジットカードの現金化業者でネットオンリーの業者というのは非常に数が多いです。

ネットだけで展開している業者は、実店舗型の業者と比べると、高い換金率をうたっているケースが多く見られます。

カードの現金化だと、80%を超える換金率であれば高額といわれていますが、ネットオンリーの業者のホームページだと、普通に90%を超えていて、中には95%以上もの換金率をうたっている業者も複数見受けられるでしょう。

実際には、利用金額によって換金率は変わりますし、手数料なども発生するなどして、実際の換金率は落ちるわけですが、高い換金率を売りにしているというのがネットオンリー業者の最大の特徴です。

 

また、インターネットで受け付けるため、24時間対応となっている業者も多いです。

実店舗型だと、店舗には営業時間がありますので、この辺りの違いは大きいと言えるでしょう。

一方で、実店舗もあるタイプの現金化業者は、ネットオンリーの業者と比較すると、安心感、信頼性が非常に高いのが特徴と言えます。

実店舗でも営業をしているということは、逃げ隠れしづらいということを意味します。

クレジットカード現金化においては、詐欺被害が複数発生していますが、実店舗で営業している業者の場合、そういったことをやったら、すぐに見つかってしまうため、ネットの業者より安心感が抜群に高いのです。

特に、複数店舗を運営している業者などは、かなり安心して利用できるといえるでしょう。

 

あと、換金のスピードでいうと、実店舗で換金してもらうのが一番早いです。

ネットオンリーの業者だと、換金のための商品を送ってもらうなどで多少時間がかかりますが、店舗型の業者なら、その店舗に出向きさえすれば、その日のうちに換金できるというのが利点です。

店舗にわざわざ出向かないといけないですし、営業時間とかもあって、その点が不便ではあるのですが、実店舗で換金してもらうというのは、それ相応の利点が存在します。

ネットオンリーの業者と実店舗もある業者を簡単に比較してみましたが、安心さを考えると、実店舗もある業者のほうが信頼しやすいでしょう。

実店舗がある業者もネット申し込みを受け付けていたりするので、それほど手間はかかりません。

 

クレジットカード現金化利用での店舗型業者の比較

クレジットカードの現金化業者は、実店舗で運営されている業者も多いです。

栄えている大きな駅の周辺には店舗型の業者がたくさんあり、どこを利用するべきか悩みがちではないでしょうか。

 

ここでは、店舗型業者を選ぶ上でのポイントをいくつか紹介してみます。

店舗型の業者を選ぶ上では、換金率を一番に重視したいところです。

同じ金額だけショッピング枠を使ったとしても、換金率の違いによって手元に残るお金がかなり変わってくるからです。

店舗型の業者は、換金率をホームページ上で公開している業者とそうでない業者、そもそもホームページがない業者などもあります。

実店舗をメインにしている業者の場合、換金率は業者に直接電話で聞いてみるのが一番早いです。

いくら換金したいけれど、正味の換金率はどれくらいになるのか。

換金までにどれくらい時間がかかるのか。こういった点を電話で確認すると良いでしょう。

複数の業者を比較検討して悩んでいる場合、複数の業者に問い合わせて確認することになります。

その時、電話対応の良さなども、判断基準に入れると良いでしょう。

 

基本的に、実店舗で運営されているクレジットカード現金化業者の場合、ネットの業者と比べると悪質である可能性は低いです。

ですが、万が一のこともかねて、グーグルストリートビューで、店舗の外観などを調べておくと良いでしょう。

また、業者の信頼度合いを比較して考える上では、ホームページの充実度合いも一つの尺度になりえます。

店舗メインでの業者であったとしても、今のご時世、ホームページが無いというのはちょっと気になる部分です。

良心的な経営をしていたとしても、時代遅れの感は否めませんので、もし、複数の業者で悩んでいるとしたら、よりホームページが充実しているほうを選ぶというのは、一つの基準として悪くないと言えます。

少し注意が必要なのが、業者によって営業時間が異なっているという点です。

店舗型のクレジットカード現金化業者は年中無休のところが多いですが、ネットと違って24時間受付とまではなっていません。

日中に営業していて、夕方過ぎにはしまってしまう業者が多いので、店舗型の業者を利用するときは、営業時間もしっかりとチェックしておくべきでしょう。

店舗型の業者は換金までのスピードがかなり早いのが特徴なので、急にお金が必要になったときにありがたい存在と言えます。

なので、営業時間が長い業者のほうが、何かの時に助けとなりやすいと言えるでしょう。

 

自分でできる


ショッピング枠現金化には、キャッシュバック方式と買取方式があります。キャッシュバック方式では、申込みから振込みまで現金化業者を利用するため、自分だけで行うことはできません。

しかし、買取方式では、最終的に古物商に商品を転売すれば良いので、“現金化業者を利用せずに個人で行う方もいます。

買取方式では、一般の業者から商品を仕入れるように消費者から市販されている商品を買い取り、その商品を別の業者や個人に対して転売します。

10万円のパソコンを購入して現金化業者に8万円で転売すれば、現金化業者がパソコンの中古販売店などに9万円で売り、中古販売店が消費者に対して9万5千円で売るという流れになります。

中古販売店を介さない、あるいは業者自体が中古販売店を兼ねている場合は、消費者から9万円で買い取るなど、買取価格をアップすることも考えられます。

現金化業者というと特別に思われるかもしれませんが、古物商認可を受けている業者ですので、形式上は中古店や質屋などと変わりません。

そのため、現金化業者を利用せずにニーズの高い商品を購入し、質屋や中古店に直接持ち込むこともありでしょう。

 

しかし、現金化業者を利用しない売買は、必ずしもうまくいくとは限りません。

質屋に持っていっても足元を見られてしまい、10万円の商品が5万円以下になるケースも珍しくありません。

1万円や2万円であれば、新幹線のチケットなどを購入して金券ショップに売ればいいですが、チケットはクレジットカード会社から目を付けられやすく、換金する金額が大きくなるほどクレジットカードが利用停止になる可能性が高いです。

 

1度見逃されても、何度も繰り返せば当然リスクも高まります。

5万円以上現金化したい場合は、チケットではなく電化製品などを購入した方がよいでしょう。

しかし、現金化しようと思っても何をどこで買い、どこに売るのか、一々調べるのは時間がかかりますし、自分の希望通りに売れるとは限りません。

しかし、現金化業者を利用すれば成約通りの還元率で確実に現金化することができます。

還元率についても、グループ会社や独自の転売ルートを保有している現金化業者は、高還元で買い取り可能です。

現金化業者は個人と違って、長年培ってきた人間関係やパイプがあり、商品の転売・販売に特化しています。

しかも現金化までの時間が短く、買取方式でも即日送金可能なケースがあります。

スピーディかつ高換金率で現金化したいと思ったら、現金化業者を利用することをおすすめします。

 

給料日前のピンチに使おう!

給料日前のピンチ


数日後に給料日が来るのに、お金がなくなってしまった。友人との飲み会やデートの約束を断ればなんとか乗り切れそうだけど、人間関係にひびが入りそうで不安……そのような時は、ショッピング枠現金化を利用するという方法もあります。

ショッピング枠現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法です。

難しく思われるかもしれませんが、要はクレジットカードで購入した商品を転売・換金する行為であり、サービス業者を利用すると簡単にできます。

いくら現金化するためにどの商品を購入すればよいか、すべてサービス業者が案内してくれるので、手続きは大変スムーズです。

サービス業者の中には、特定の商品を購入するだけで現金化できるタイプもあり、商品を転売する手間を省くことができます。

これはキャッシュバック方式と呼ばれるタイプであり、商品に付帯する「特典」という形で商品代金の一部が返金されます。

完全インターネット取引で、クレジットカード決済するだけで「特典」が銀行口座に振り込まれます。

最短5分で現金化することができるため、急いでいる時に便利です。

ただし、キャッシュバック方式は商品代金の多くが現金として返ってくるため、商品自体は価値のない物が多いです。

無価値な商品を高額で取引するデメリットは、万が一業者との間に「特典」が振り込まれないなどのトラブルが発生しても、手元に届いた商品では担保にならず、業者から一方的に損害を受ける可能性があることです。

もちろん、悪徳業者は一部であり、高い還元率ですぐに振り込んでくれる優良業者が多いです。

 

問題は、初心者にとって悪徳業者と優良業者を見極めにくいということであり、業者が自演しているランキングサイトなどを見て申し込んでしまうことです。

ショッピング枠現金化の不安を少しでも減らすためには、業者の情報を少しでも多く集めるとともに、キャッシュバック方式ではなく無難な買取方式を選ぶことをおすすめします。

買取方式は商品転売型のサービス業者であり、価値ある商品を取引するため、途中でトラブルが発生しても商品が担保として手元に残ります。

買取方式には実店舗での取引とインターネット取引を選ぶことができますが、インターネットは相手の顔が見えにくいので、できれば実店舗へ足を運ぶことをおすすめします。

買取方式の業者は、都市部の駅前など人の多いところに出店しています。

「クレジットカード現金化」「現金化はコチラ」などという看板を見つけたら、とりあえず店舗に行ってみましょう。