1. ホーム
  2. ショッピング枠
  3. 業者
  4. ≫買取方式って何?安心して利用できる理由を知りたい

買取方式って何?安心して利用できる理由を知りたい

買取り方式って安心


かなり古くから、質屋系の買取業者によるクレジットカード現金化は行われてきました。

今でも実店舗を持っている買取業者の多くが、買取方式のクレジットカード現金化を行っています。

 

買取方式の仕組みを理解してみよう

その方法は簡単で、まずメール等でクレジットカード現金化業者から指定された商品を購入します。

決済方法は必ずクレジットカードのショッピング枠を利用し、購入した商品を業者の店舗に持ち込むか、宅配で送付するかして買い取ってもらうだけです。

すると買取業者は相場に見合った現金を利用者に渡すか、銀行振り込みをしてくれます。

 

買取方式のポイントは、全くのことです。

つまり、買取業者は利用者から新品を安く購入して、販路へと流すことで利益を得ます。

例えば10万円のブランドバッグを8万円前後で買取って、それをバイヤーや一般客に9万円前後で売却するといった具合です。

この場合に、利用者への換金率は80%となり、業者の利益は1万円前後の計算です。

要するに、買取方式とは利用者が新品購入をした商品を買取して、いくらかの利益を載せた状態で他社へと転売する、リサイクル業の一環だと言えるでしょう。

 

このクレジットカード現金化には違法性がありません。

厳密に言うと買取業者は単に中古品を買い取っただけなので、普段の買取業務の一環として判断されることになります。

ただし、利用者としては十分に気を付けなければいけません。

クレジットカードで購入した商品に関しては、支払いが完了するまではクレジットカードの所有物とみなされるからです。

それを転売すれば横領罪の可能性もあります。

とは言っても、実際にカード購入したものをクレジット会社が所有権の主張をしたケースは、ざっと調べても国内では見当りません。

その理由は、購入品は当然使用されるのが前提で、劣化や損傷、あるいは破棄されるケースもあり、支払いが済まないうちに商品価値がグッと下がったり、無くなったりするのが普通だからです。

ですから所有権は持っていても、それを行使しないのが暗黙のルールとなっています。

 

ちなみに換金率の良い商品とそうでない商品がありますので、買取業者を選ぶ際は必ずその数字を確認しておきましょう。

流通性の高いモノだと換金率が95%にもなり、利用者がかなり得をします。

反対に人気の無い商品を購入させられた場合は、換金率が70%にも届かなかったという実例もあります。

現金化を行う際はこの点にも気を付けるようにしてください。

 

買取方式のクレジットカード現金化で購入する商品が知りたい

商品とは


買取方式によるクレジットカード現金化で、選ばれる商品を考えてみましょう。

よく指定されているのは、

  • 人気の高いブランド品
  • ゲーム機やソフト
  • 金券やギフト券
  • 新幹線の回数券

などです。

これらは転売をする際に高額売却が可能の商品だから、買取方式で利用する買取業者が好んで選択する傾向にあります。

 

では、なぜこれらの商品の換金率が高いのでしょうか?

まずブランド品ですが、洋服や腕時計やバックは購入ニーズの高い商品で、しかもなかなか手に入りにくいモノの場合は、定価以上のプレミアが付くこともあります。

また、どの買取専門業者でも独自販売がしやすいこと、横流しにする場合でも高値で取引される傾向になるなど、買取業者には非常にメリットのある商品なのです。

ポイントはその時に人気があるブランドで、しかもニーズの高いバージョン・モデルのものを選ぶ事に尽きます。

なお換金率の相場は80%前後です。

 

次にゲーム機・ソフトですが、最新のゲーム機やソフトならば高値で現金化が可能です。

もちろん人気のあるゲームでなければ意味がありません。

この点はネット情報を使って、丁寧に絞り込んでいきましょう。

また、もうすぐバージョンアップをするとか、新作のソフトが発売されるものは避けるようにしてください。

ちなみに換金率は75%~80%といったところでしょう。

レアものの場合はマニアが購入する事もあって、100%を超える場合があります。

 

意外と相場の変動が少ないのが金券・ギフト券の現金化です。

基本的にお金として利用される商品ですから、購入対象に問題が無ければ高額買取がされやすいというメリットがあります。

換金率は90%前後になる事も珍しくありません。

ただし、クレジットカード会社に目を付けられやすい商品<\span>ですので、充分に注意してください。

 

最後に新幹線の回数券でが、こちらは一定してニーズの高い商品と言えます。

特に『東京⇒大阪』の回数券はほぼ額面上の金額で買取られるプレミアものです。

とは言っても、買取業者の手数料を考えれば90%以下を目安にしておくと無難でしょう。

こちらもカード会社に目を付けられやすい商品ということで十分な注意が必要となります。

短期間に何回も繰り返せば、いきなり利用停止の措置を受けるリスクのある商品です。

 

これらの商品は、利用者個人が買取専門店へ持ち込みで売却する事もできますが、やはり安全性を考えればクレジットカード現金化業者を仲介した方がよいでしょう。

 

買取方式で現金化した時のメリット・デメリット

買取方式のクレジットカード現金化は、実はかなり昔から質屋や買取専門店を仲介して行われてきました。

業者による現金化はもちろん、個人での現金化も秘かに利用されていて、買取方式を愛用しているカードユーザーも少なくありません。

 

では、この買取方式のメリットとは何でしょうか?

ます、換金率80~95%での現金化が可能というメリットがあります。

実店舗を持たないクレジットカード現金化業者には、キャッシュバック方式が増えていますが、換金率の面からすると買取方式の方が高換金率になるケースが多いです。

これが買取方式の最大のメリットです。

ただし業者を仲介する方が、相手の言い値で買取をしてくれるので価格面での安全性は増します。

と同時に換金率は手数料の分だけ低くなるのは仕方ありません。

また個人で持ち込みで買取をしてもらう場合、商品を選び損なうと高額買取が不可能になってしまうリスクもあるので、この点は十分に気を付けなければいけません。

 

また、WEB完結のサービスを提供している買取専門店が増えていることもそうです。

従来型の買取方式では、まず商品を実際にカード決済で購入し、それを店舗へ持って行って買い取ってもらうスタイルでした。

これですと手間ひまが掛かって面倒だという人もいます。

しかし最近ではWEBサイトで全て完結させる業者も増えていて、わざわざ来店しなくても現金化ができるというメリットが出ています。

また実店舗をもつ買い取り業者であれば、サイトのみの業者よりも信頼しやすいというメリットもあるでしょう。

 

では、買取方式によるクレジットカード現金化のデメリットは何かと言いますと、WEB完結の買取方式を利用した場合に買取業者へ商品を宅配で送らなければなりません。

その手間ひまがデメリットとなること、そして商品が届いてから現金を指定口座に振り込むために、実際に現金を手にするまでのタイムラグが長いというデメリットもあります。

基本的には2~3営業日程待つことになるでしょう。

急いでいる方には不便な方法と言えるでしょう。

 

また換金性商品の購入でカード利用停止の危険があります。

クレジットカード会社はクレジットカード現金化に対して厳しく取り締まりを行っています。

特に換金性の高い商品の購入については利用禁止をするケースもあります。

そしてカードの強制解約の権利を持っていますので、商品の選択にはくれぐれも注意しましょう。

その点で個人ではなく、ちゃんと業者を通して商品指定をしてもらう方が安全性が高くなりますので覚えておいてください。

 

そもそもクレジットカード現金化って本当に大丈夫なの?

現金化って大丈夫?


急にお金が必要になった時に、クレジットカードのキャッシングを利用するのは常套手段です。

ただし、そのキャッシング枠が限度いっぱいになっていた場合に、一部の方々はショッピング枠を利用して現金を調達しています。

これをクレジットカード現金化と言いますが、最近は良く利用されている裏ワザ的な現金調達法として世間に広まっていることをご存知でしたか?

 

でも、『クレジットカード現金化なんてやって大丈夫なの?違法行為じゃないの?』と心配する人もいるでしょう。

結論から言いますと、クレジットカードの現金化は法律上の違法性はありませんので大丈夫です。

それが証拠に、これまでクレジットカード現金化を行った消費者が警察当局などに逮捕された例はありませんし、クレジットカード会社が裁判所に控訴した実例もありません。

つまり違法として検挙されたケースが一度もないということです。

ただしクレジットカード会社としては、高額商品の購入によって不良債権の発生リスクが生じる為に、基本的に現金化を認めていないというスタンスになっています。

お金に困った方がキャッシング手段として購入した商品の支払いは、当然分割払いという形で回収しなければなりませんが、もともと返済金が用意できる状態ではない事が多く、そのまま未払いとなるケースも珍しくはないからです。

ですから、明らかにクレジットカード現金化を利用したと判断された場合は、強制的にカードの利用停止を行うことがありますので要注意です。

 

また2011年ごろからクレジットカード現金化業者の摘発は何件も行われましたが、それらの検挙理由は『金融業者の未登録』で、クレジットカード現金化を行ったこと自体を違法とはしていなかったことも付け加えておきましょう。

もちとん消費者庁では現金化事態を違法としたい意向がありますが、現時点ではそれを取り絞まる法律がありません。

そういった理由もあって、ネットを始めとするマスメディアで、毎日のようにクレジットカード現金化業者の広告が出されているということなのです。

 

以前サラ金の金利が貸金業法の金利上限を超えていると大問題になりましたが、その時は出資法の範囲内の利息だったためにグレーゾーンとして処理されてきました。

これも2010年度に新しい貸金業法が制定されるまでは違法とはみなされませんでした。

今回もグレーゾーン扱いの案件ではありますが、現時点での法整備では違法性が問えない状態になっています。

 

ショッピング枠現金化はある意味パチンコの景品と同じで大丈夫!?

パチンコの景品と同じ

クレジットカードの現金化についての説明をチェックしますと、難しい法律上の話になってきて、一体大丈夫なのか大丈夫でないのかが良く分からなくなってくるかもしれません。

2010年ごろに摘発された事件では、古物商が勝手に融資を行った罪で検挙されました。

この場合は貸金業の認可を取っていれば検挙されなかったということになり、クレジットカード現金化事態を違法とした事件ではなかったのです。

 

また、これまでに多数のカード利用者が強制解約をされたという話もあります。

現時点で法的に違法性を問えないクレジットカード会社は、それならばカードの利用停止を掛けて、未然に不良債権化を回避する手段を講じてきました。

この点はクレジットカードの利用規約で必ず文章化されているはずで、現金化をした場合は理由を問わずにカード停止処分とする措置です。

こういう話を法律の点から論じれば、かなり専門的な説明が必要になります。

例えば、買取式の現金化なら換金率が80%前後になっていて、これを年利計算すると利息制限法の年利18%(10万円以下は20%)を遥かに超えてしまう為、貸金業者のサービス提供としても貸金業法に抵触する可能性があるといった具合です。

またキャッシュバック式では景品表示法が対象となりますが、過大な景品を付ける事は違法かも知れないが、現金の払い戻しの場合は特例措置で違法性はないとされています。

こういった説明では要領を得ないでしょうから、ちょっと例え話で説明してみましょう。

 

景品を古物商で現金化する方法にパチンコがあります。

サービス利用の景品としてもらうライターや万年筆を、パチンコ店外にある換金所へ持ち込んで現金で買い取ってもらうシステムです。

買取った景品は再びパチンコ店によって買い戻されて、これが延々と継続する形になっています。

このシステムはギャンブルにあたると違法性を問題視されてきましたが、何十年間も法整備がなされずに今日に至っています。

つまりパチンコでお金を得る行為はグレーゾーンとみなされていますが、現時点の法律では違法性がないのです。

 

かなり大雑把な説明になりましたが、クレジットカード現金化のケースも同様の理由でグレーゾーンのままになっています。

もちろん社会的に大きな問題が発生すれば、今後法改正の可能性はあるでしょう。

『アンタッチャブル』という映画で、酒の密輸を取り締まる検察官がマフィアを一網打尽で捕まえた時、ちょうど禁酒法が無くなりました。

その時に彼は『では、家に帰ってお酒でも飲むか』と言っています。

これが法治国家の在り方で、クレジットカード現金化も今のところは大丈夫なのです。