1. ホーム
  2. お得情報
  3. ≫あまり知られていない【即実践】裏ワザBEST5

あまり知られていない【即実践】裏ワザBEST5

現金化裏ワザ


クレジットカード現金化と聞くと、どこかの業者を利用する方法を思い浮かべる人もいますが、この業者を利用せずに現金化をする方法もあるのです。

この裏ワザについて紹介をする前に知っておいてもらいたいのが、クレジットカード現金化にはそれなりのリスクがあることです。

少しくらいなら問題はありませんが、やり過ぎるとクレジットカード会社から目をつけられてしまい、最悪の場合は強制退会になってしまうこともあるので注意をしてください。

 

自分ひとりだけでクレジットカード現金化をする裏ワザ

クレジットカードを使って現金を得る場合、キャッシング枠を使ってお金を借りる方法があります。

だけどこの方法は、あらかじめ決められたキャッシング枠内でしか使えません。

この機能を有効にしていない場合もあれば、すでに使い切っている場合はどうすれば良いのかということになります。

そこでクレジットカード現金化業者を使うという選択肢は出てくるのですが、業者を間に挟んでの現金化に不安を覚える人も少なくありません。

だけどどんな商品が現金化に適しているのかがわかれば、自分ひとりで現金を手に入れることもできるのです。

例えば有名ブランドの小物類などは、専門の買い取り店へ持っていけば高額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

ほかにも最新のゲーム機が狙い目です。

発売されて間もないものになると、かなりの還元率が期待できます。

このほか、クレジットカードで新幹線回数券を購入し、それを金券ショップで買い取ってもらうことでも、高還元率で現金を入手できます。

これらの方法は、一度や二度くらいなら問題ありませんが、短期間で複数回行うとリスクが高くなるので気をつけてください。

ここまでの方法なら、裏ワザというよりも単純にリスクの高い行為をしているだけです。

しかし多少時間がかかっても高還元率で現金化ができる一番いい方法があるなら、話は変わってきます。

 

その方法は返品です。

クレジットカードのショッピング枠を使って高額の買い物をして、数日後に返品をすることができれば現金として返金されるようになります。

これはカード会社での手続きによる問題があり、購入してすぐに返品をする場合は手続きを停止するだけで済みますが、一定期間が経つとカードを使用した履歴が登録されキャンセルできなくなります。

具体的には3日以上空けてからの返品で考えてください。

絶対に返品ができるのかは、お店によって異なります。

いざこの裏ワザを試そうと思っても対応をしてくれなかった場合、大きく損をすることもあるので注意してください。

 

ギフトカードを使ったクレジットカード現金化の裏ワザ

クレジットカードのショッピング枠を使って現金化をするときに、持っているカードの種類によってはある裏ワザを使うことができます。

これはかなり効果的な方法なので、知っておいて損はありません。

 

まずここで気をつけたいのは、そのクレジットカード発行会社がギフト券を販売しているのかどうかです。

購入のためにクレジットカードを使えることも前提になります。

クレジットカードを使ってギフトカードを購入することはリスクが高いもので、すぐに目をつけられると警戒をしている人も少なくありません。

しかしカード発行元が提供しているギフトカードだと、ほかの方法に比べてリスクが低くなる傾向にあります。

高還元率の商品は目をつけられやすいものですが、贈り物として使うくらいの頻度で現金化をするなら問題はありません。

たとえば一年の中で何回かの利用なら、リスクはかなり低下します。

これが一か月の中で何回もある場合はかなり怪しくなるので、この方法だけではなくほかの現金化の方法とあわせて使うようにしてください。

クレジットカード会社のギフトカードを使った方法の場合、分割やリボ払いにも対応をしています。

分割での支払いができるなら毎月の負担もかなり小さくできるので、現金化の裏ワザとしてとても優れた方法であることが実感できます。

金券はどうしてもリスクが高くなるというイメージがつきまといます。

しかしすべての金券がそうであるとは限りません。

どのクレジットカードでも使える方法ではないというデメリットもありますが、こういう手段で交換減率の現金化ができると知っておいて損はないのです。

ただし注意をしてもらいたいのは、あくまでも「金券の中ではリスクが低い」というだけで、クレジットカード現金化によるリスク自体が全くないわけではありません。

クレジットカード会社が本来想定していない使い方をすることは、どうしても規約違反というリスクがついて回ります。

しかし現金化をする手段を複数使い分ければ、そのリスクを少しでも減らすことは可能なのです。

いくら裏ワザと言っても、実際にどれくらいの使い方をすればカード会社に目をつけられるのかという具体的なデータはないので、できるだけ頻度を抑えて使うようにしてください。

「これくらいなら大丈夫かな?」とどんどんペースを上げていくと、警告を受ける可能性は高くなります。

それでも同じことを繰り返していると強制退会になってしまい、それ以降は現金化どころではなくなってしまうのです。

 

電子マネーを使ったクレジットカード現金化の裏ワザ

クレジットカードのショッピング枠を使って現金化をする裏ワザにも、いろいろな方法があります。

ここではその中でも電子マネーを使った裏ワザを紹介していきます。

 

電子マネーはクレジットカードを使ってチャージすることができるので、対応をしているお店で使う分にはそれだけで現金化に近い効果があります。

だけど本当の意味で現金を手に入れられるわけではないので、それだけではどうしても足りないと言える場面が出てきます。

電子マネーのチャージをすることでポイントを得る方法もありますが、これも以前に比べると還元率が低くなっているので、あまりうま味がない方法だと見られています。

むしろ電子マネーチャージの場合はポイントが発生しないことが多いくらいなので、ほとんど期待していない人も多いくらいです。

 

ここで注目をしたいのは、電子マネーで買物をした場合に返品をする方法です。

クレジットカードで電子マネーをチャージして、その電子マネーを使って買物をする。

これだけだと手間がかかる方法に見えるかもしれませんが、電子マネーの返金システムについて知ればその認識も改まります。

電子マネーはチャージこそできるものの、返金には対応をしていません。

今まで返金対応をしてもらったことがない人は、そのままチャージし直してもらえると想像しているかもしれませんが、この方法はシステム的に使えないのです。

そのため電子マネーを使って買った商品を返品する場合、現金を使って返金されることになります。

 

クレジットカードでチャージをして、電子マネーで買物をする。

そして現金で返金をしてもらうというのがこの裏ワザの仕組みです。

電子マネーは急速に普及しており、日常的に使っている人もたくさんいます。

しかしこの裏ワザについては、意外に知られていません。

使いすぎが心配だからクレジットカードでのチャージなどはしていない人もいるくらいですが、その仕組みを知ってしまえばクレジットカード現金化の裏ワザとしてとても効果的であることがわかります。

もちろん買物の際にはしっかりと返品対応をしてくれるお店を選ぶ必要がありますし、同じ店で複数回使うと怪しまれます。

怪しまれると言うよりも、そのお店の出入り禁止措置を受けてしまう可能性もあるので、返品に関しては1つのお店で1回にすると割り切る方法が安全です。

返品交渉をするのは精神的にもつらいというリスクもありますが、この方法を使えば100%の還元率で現金化ができます。

うまくいけばポイントも入るので、その効果はとても高いものなのです。

 

急に必要になった時に使える裏技

急な出費


電車の定期券はクレジットカードで支払うことができないため、現金が必要になります。

しかし、まとまった現金がなくて払うことができず困っている方も多いと思います。

給料日まで通常料金で乗ると費用が膨大にかかってしまう、1年分の定期券を購入した方がお得なのにお金がなくて3ヶ月分しか買えないなど、現金払いゆえに柔軟な買い方ができないのが定期券の困ったところです。

 

現金不足を解消するためには、キャッシングやカードローンを利用するという方法もありますが、金融機関を利用しない方法としてショッピング枠現金化があります。

ショッピング枠現金化は、クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法です。

具体的には、現金化業者に指定された商品をクレジットカードで購入し、業者に転売することです。

クレジットカードで購入するので、支払いは後払いになりますし、商品を換金することでその場で現金を得ることができます。

ショッピング枠現金化は、1万円から数十万円まで現金化することが可能ですので、消費者の用途に応じて使用できます。

数十万円というのは、ショッピング枠の限度額の金額であり、ビジネスカードであれば限度額が100万円以上の方も多いでしょう。

1枚のクレジットカードでは不足する場合、複数のクレジットカードを使用することもできます。

無料系クレジットカードであれば、学生や専業主婦でも気軽に作れるものが多いので、足りない場合は複数枚利用するのもありでしよう。

ただし、1枚ごとに決済するため、通常よりも決済手数料が余分にかかります。

なるべく1枚で済むよう、ショッピング枠の限度額を確認してから使用するクレジットカードを選びましょう。

限度額の確認は、クレジットカード会社に電話して直接確認することができます。
カードの裏面に記載されている電話番号にかけましょう。

 

ただし、この時に「現金化をしたいから」などと口走ってはいけません。

なぜなら、ショッピング枠現金化はクレジットカード会社の利用規約で禁止されているからです。

万が一発覚した場合は、クレジットカードを利用停止になる可能性が高く、消費者にとってノーリスクというわけではありません。

とはいえ、ショッピング枠現金化の方法は、普通のカードショッピングと変わらないため、不審な使い方をしない限りクレジットカード会社に発覚する可能性は低いです。

特にベテランのサービス業者を利用した場合や、電化製品など日用的な商品を取引した場合、現金化する金額が少額の場合は、現金化について問われる可能性は低く、比較的安心して取引することができます。

 

急な冠婚葬祭にも使える!

冠婚葬祭でもおまかせ


お金がない時に限って、同僚の結婚式や親戚の葬儀など、絶対に回避できない行事が重なるものです。

いくらお金がないとはいえ、お祝い金を減らしたり、葬儀に出席しなかったりすることはできませんよね。

かといって、消費者金融を利用するのは気が引ける…そのような時は、ショッピング枠現金化を行ってみてはいかがでしょうか。

 

ショッピング枠現金化は、クレジットカードの立替払いを利用して現金を手に入れる方法です。

たとえば、クレジットカードで10万円のパソコンを購入し、8万円で転売したとします。

後で10万円をクレジットカード会社に支払う必要がありますが、今8万円を手に入れることができます。

これが一般的なショッピング枠現金化の方法です。

ショッピング枠現金化を手っ取り早く行うためには、専門のサービス業者を利用するとよいでしょう。

インターネットで「ショッピング枠現金化」と検索すると、非常に多くの現金化業者がヒットします。

一部には悪徳業者が存在するため、業者選びは慎重に行う必要がありますが、一般的な業者であれば現金化率(商品代金のうち実際に現金となる割合)8~9割で取引することができます。

しかも、支払先はクレジットカード会社ですので、返済に遅れてしまったとしてもヤミ金のように厳しい取り立てを受けることがありません。

もちろん、延滞するとペナルティが発生する可能性があるので、きちんと返済計画を立ててから利用することが大切です。

 

現金化業者の多くは、都市部や駅前に存在しますが、自分の住んでいる地域に業者がいないという時も、インターネット通販により取引することが可能です。

たとえば、現金化業者に10万円現金化したいと申し込むと、13万円のパソコンをクレジットカードで購入し、業者に送るように指示されます。

別のショップで指定されたパソコンを購入し、パソコンが届いたらそのまま現金化業者に郵送します。

すると、商品を確認した業者が消費者の銀行口座に10万円を振り込んでくれます。

これで取引は完了です。

後は13万円をクレジットカード会社に支払うだけですが、すぐに支払えない時は、商品を購入する時にボーナス払いを選択するなど、自分に合った支払方法を選びましょう。

業者によっては、先に現金を振り込んでくれるところもあるので、即日融資も可能です。

キャッシュバック方式の現金化の場合は、ほぼすべての業者が即日振込に対応しており、インターネット決済から最短5分で送金されます。