1. ホーム
  2. 注意
  3. ≫安心して利用するための今からできる自己防衛手段

安心して利用するための今からできる自己防衛手段

現金化の自己防衛


ショッピング枠の現金化は利用者側のメリットも多く、お金に困窮した場合の一番簡単で早い金策の方法であることは他業種と比べてもお分かりでしょう。

 

もちろん、メッリトがあるという事はデメリットも存在します。

デメリットは決して無視してはいけませんが、必要以上にビクビクする必要もありません。

どういったリスクがあって、どういった状況に注意すればよいのかを知ることで最悪の事態に遭遇した場合でも冷静に回避することはもちろん、詐欺にあうリスクや騙されるリスクを低減することができるようになります。

対策を行うだけでも自己防衛となりますので是非実践して頂きたいと考えております。

 

ショッピング枠現金化の違法性議論について

違法性議論


クレジットカード現金化は、実は付帯しているショッピング枠自体をお金に換えるサービスの事です。

ご存知かとは思いますが、クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」という利用額が付帯しており、通常現金が必要だというときはキャッシング枠を利用して現金を手にすることができるはずです。

しかし、キャッシング枠自体も限度額があったり、ご自身の収入によって限度額や利用できるのかできないかも設定されます。

 
良くある家族カードと呼ばれるクレジットカードではキャッシング枠は必要ないという設定になっていることが多くあります。

そういった状況でもショッピング枠の限度額が残っていれば現金を手に入れることができます。

 

でも、「ショッピング枠現金化」と聞くと何やら怪しいと感じたり、犯罪なのではないか、と大体の人が不安に思うことでしょう。

ショッピング枠で現金化した場合の違法性に関しては多くの検挙事例や判例などからみても現金化自体を罰する法律は存在しないようです。

沢山の法律家が違法性について解説してきましたがその結論には至っておらず、インターネット上でも「違法だ」「違法ではない」という情報だけが錯交しています。

 
これから利用しようと考えて不安のある方はネットの情報だけでは結論が出ることはないと思った方が良いでしょう。

疑わしいサービスだという一般的な認識やイメージがありますがその通りだと思います。

しかし、法律にショッピング枠での現金化が明記されていない為、完全な違法行為とも言えません。

実際に検挙や摘発されたケースでは現金化行為を貸金業とみなし手数料を金利と考え違法な闇金行為とした摘発となっております。

現金化では摘発も逮捕も現行の法律では出来ないと考えられます。

 

違法ではないとするならば現金化のリスクとは

リスクとデメリット


法律上の危険性はある程度理解し、リスクの回避ができることも確認できたと思いますがそれ以外にもリスクは存在します。

メリットがある分だけリスクもあるという事です。

 

では、どのようなリスクやデメリットが存在し対策をすればよいのでしょうか。

 
まずはクレジットカードの利用停止が考えられます。

クレジットカードを使っての現金化行為は全てのカード会社で禁止されていますし、しっかりと利用規約にも明記されています。

現金化行為といっても業者を利用してのサービスだけではなく、一般的な換金も含むすべての内容に該当します。

例えば、ゲームソフトやブランド品などをクレジットカードで購入して支払いが完了していないのにもかかわらず質屋へ持ち込んで売ってしまう行為も抵触します。

「そんなのはよくある事だよ」と思った方はすでにカード会社の利用規約で禁止されている現金化行為に違反しているという事になります。
 
ですが、すぐにクレジットカードが利用停止になるわけではなく、実際に発覚しなければ処分を受けることもありません。

カード購入後の商品の取り扱いなんて把握することはほぼ不可能で、実際は利用者の収入と購入した商品リストなどのデータを常に監視していると考えてよいでしょう。

そうすることでいつも転売しやすい商品を購入していたり、同じものを複数購入していたりすると疑いをかけられたり、問い合わせがくることもあるようです。

さらに不正行為や不信な行動が確認されれば利用停止や提携解除といった処分を受けることになります。

 

次に考えられるのは悪質な業者による詐欺被害です。

現金化を専門としている業者が全て優良店とは限りません。

もちろんどの業種でも存在しますが、利用者を騙してお金を盗もうと考えているところもゼロではありません。

 
そういった、業者に騙されない為にもてぽ選びは非常に大切で慎重に選ばなければなりません。

一見、よさそうな店舗だとしても途中でキャンセルができなかったり、途中で連絡がつかなくなってしまったりという被害も実際にあるようです。

また、通常通り現金化を行えたとしても手数料や何かしらの理由をつけて振り込まれる金額が少なくなってしまう被害も少なくないようです。

そういった詐欺被害を減らす為にも悪質な業者と優良な店舗を見分ける知識を身に着ける事も大切になってきます。

 

一番厄介なのは最終的な局面になったきに自己破産が認められなくなるケースがあるという事です。

借金がかさんで多重債務となり、自己破産をしなければどうにもならない状況になったとしましょう。

自己破産は裁判所から免責許可、つまり「自己破産してもいいよ」という許可がなければ行う事ができません。

返済ができない理由や借金ができてしまった理由などを必ず確認します。

誰でも出来てしまうようでは、貸した側の会社や企業がすべ回収不可となり倒産してしまいますし、貸金業務を行う会社が1つもなくなってしまします。

ですから、貸す側も借りる側も一定のルールのもとで保護される仕組みとなっております。
 
裁判所が自己破産を行わせないものとして「免責不許可事由」というものがありその内容がわかるように明記されております。

例えば浪費または賭博などによる借金などが該当し自己破産を行うことができない事になっております。

つまり破産法に明記されている内容からショッピング枠現金化の行為自体が自己破産できない理由に該当する可能性があるという事です。

もしも、現金化で返済できなくなってしまっても救済措置がないということになります。

別の借金への返済目的での現金化の利用を検討しているのであれば利用しない方が賢明ということになります。

 

リスクを理解したら対策を行い、注意を払う事で安心して利用できる

対策して安心


適宜説明してきましたが、リスクやデメリットを理解することができたのであれば対策を行ってや注意をはらうことで安心して利用することができると思います。

 

では実際にはどように行えば良いのでしょうか。

 
クレジットカードの利用規約についても、業者の詐欺行為についても、キチンとした店舗を利用すればほとんどの場合問題なく利用する事ができます。

優良店であるからこそ自身の店舗を守る意味でもカード会社への対応もしっかりしており、詐欺行為や騙し行為等も皆無です。

そうすることで返済の予定が立てやすく自己破産に陥るようなことも低減されるとともに、優良店では裁判所からも現金化を利用した形跡が気づかれにくい傾向にもあるようです。
 

では優良店とはどのような業者のことで簡単に見つける方法はあるのでしょうか。

一番簡単な方法は業者に直接聞いてみることです。

メールや問い合わせフォームからでも記録が残るのでとても良いのですが電話が手っ取り早いです。

直接相手の対応や声が聴けるので、自分が感じている不安や思っている質問を確認してみるとよいでしょう。

曖昧な回答や「申込みを行ってから返答します」といった内容でしか対応がなければ利用するのはやめましょう。

最近では横柄な態度や脅迫的な態度をとるようなことはほとんどありませんが、優しい声で言葉巧みに誘導しおかしなことを言ってても妙に納得してしまう場合もありますので要注意です。

 

優良店というのは換金率が高くて、何処よりも早く振込みを行ってくれる業者というイメージがあるかもしれませんが大きな間違いです。

そういったイメージをお持ちの方は悪質な業者に騙されてしまうかもしれませんよ。

優良店というのは実は比較的低めの換金率となっている場合が多いです。

もちろんそうでない業者もありますが、表示または掲載している換金率に偽りがない代わりに高い換金率を表示して顧客を集めようとはしてません。

掲載している換金率での振込みを行っているからこそ、本当に必要な経費や手数料をわかるようにしているだけです。

高い換金率を掲示して、最終的には振込金額が60%しかないというのは詐欺行為といっても過言ではありません。

 

さらには振込みについては早くもなく、遅くもないといったところです。

カード自体が本人名義なのか偽造や盗難になったものでないかなども確認しての決済となる為一定の時間が掛かってしまいます。

そのかわりに2回目以降での申し込みについては顧客リストとして登録している為、対応の早い現金化が可能となっているところがおおいです。

ですから、換金率も振込みスピードもそんなにパッとしないけど利用者が多いというところは複数回利用している人が多い優良店かもしれません。

もちろん振込みスピードが早い優良店もありますが、換金率が若干下がる傾向にあります。

 

また、最近よく聞くのは休日対応となっている店舗で申込みをしたが、結局対応は平日で振込みも平日だったというものです。

多くの現金化業者は休日対応となっているのですが、実は受付業務のみで振込みや電話対応は平日しか行っていません。

ですから、休日に申込みを行う際は休日でも振込み対応が可能かどうかを確認することが必要です。