1. ホーム
  2. ≫消費者金融を利用しないで現金を手に入れる事ができる

消費者金融を利用しないで現金を手に入れる事ができる

消費者金融を使わないで現金を手にできる


もう少しで給料が入ってくるのに、お金がなくて困っている。

そのような時、あなたならどうしますか?

 

不要な物を売ってお金に変えたり、友人に頼んでお金を借りたり、いくつか方法があるでしょう。

しかし、ある程度まとまったお金が必要な時に、実際に利用できる方法は限られています。

一番簡単なのは、消費者金融を利用することですが、あと少しでお金が入ってくるのに信用情報に余計な情報を載せたくないという方も多いと思います。

また、申込ブラックになっているなど、何かしらの理由で消費者金融を利用できない方もいるでしょう。

 

そのような時は、ショッピング枠現金化を利用してはいかがでしょうか。

ショッピング枠現金化は、クレジットカードの後払いシステムを利用してお金を前借りする方法です。

たとえば、クレジットカードで10万円の商品を購入し、8万円に転売します。

すると、無一文の状態でも手元に8万円できますよね。

クレジットカードで買い物すると、商品代金の請求が1~2ヵ月後になりますので、給料日が来てから10万円を返済することができます。

もちろん一回払い以外の方法も選べるので、二回払いにして翌月に5万円、翌々月に5万円支払うなど、支払いを分けることができます。

先に現金を手に入れて後で返済するという方法は、まるでキャッシングのようですが、あくまでショッピング形式なのがショッピング枠現金化の良いところです。

ショッピング形式ですと、上記のようにクレジットカードの支払い方法を選択できるだけでなく、特別な審査を経ずに誰でも利用することができる、信用情報に記載されないなどのメリットがあります。

遅延事故などを起こして消費者金融を利用できない時も、審査不要のショッピング枠現金化なら簡単に利用できますし、10万円や20万円というまとまったお金を手に入れることができるので、旅行代金や車検の支払いなどにも使用できます。

ショッピング枠現金化を行った後は、現金化業者と関わる必要がなくなるので、ヤミ金のように怖い人が回収に来たり、後から難癖を付けられたりすることはありません。

一般の優良業者を利用すれば、営業の電話がかかってくることもありませんので、後腐れなく現金を手に入れたい方におすすめです。

 

ただし、ショッピング枠現金化を行う業者の中には、ヤミ金などの悪徳業者が紛れ込んでおり、誇大広告で消費者を集めたり、お金を振り込まなかったりと、様々なトラブルが報告されています。

ショッピング枠現金化を安心して行うためには、悪徳業者を利用しないことが大切で悪質な業者に騙されない為に何ができるかも学んでおきましょう。

消費者金融ではなく現金化を利用するメリット

メリットってあるの


消費者金融とショッピング枠現金化は、どちらも必要な時にお金を手に入れることができるため似たようなイメージを持たれますが、実際は全然違います。

消費者金融は貸金業者であり、各会社で審査を行い、信用情報センターで過去の事故情報などを調べた上で、一人一人にいくらお金を貸すことができるのか細かく契約していきます。

 

一方、ショッピング枠現金化は貸金業者ではなく、主に古物商に分類されます。

ショッピング枠現金化は、クレジットカードで購入した商品を転売・換金することでお金を作る方法が一般的だからです。

クレジットカードのショッピング枠に応じて高額の商品を購入できますが、商品を現金化するということは、ショッピング枠をそのまま現金化しているようなものですので、ショッピング枠現金化と呼ばれます。

 

消費者金融では、踏み倒しのリスクを減らすために必ず審査が行われますが、ショッピング枠現金化ではクレジットカード会社が立替払いするため、審査なしで現金化できるというメリットがあります。

そのため、無職でも専業主婦でもブラック情報の方でも、クレジットカードを所有していれば現金を手にすることが可能です。

クレジットカードの審査は、一般的に消費者金融の審査よりも甘く、比較的簡単に発行できます。

消費者金融の審査で通りにくい個人事業主というカテゴリでも、信用情報に問題がなければ、比較的スムーズに発行されることでしょう。

ショッピング枠現金化は、1万円や2万円などの小口取引はもちろん、ショッピング枠に空きがあれば数十万円という取引を一度に行うことができるということも大きなメリットです。

クレジットカードのショッピング枠は、大体30~50万円であることが多いですが、100万円まで設定させていることも珍しくありません。

そのため、銀行や消費者金融のおまとめローンを利用できない方が、ショッピング枠現金化で借金を一本化することもあります。

ショッピングの年利はキャッシングよりも低いため、分割払いにした時に払いやすいというメリットもあります。

このように、ショッピング枠現金化には審査がなく、大口取引も可能など、消費者金融にはないメリットが存在します。

ただし、ショッピング枠現金化はクレジットカードの利用規約に違反するため、発覚した場合はクレジットカードが利用停止になる恐れがあります。

また、手数料が消費者金融の利息を上回ることが多く、高額取引以外では消費者金融よりも負担が大きくなりやすいというデメリットがあります。

 

消費者金融使わないで手軽に現金を手に入れる方法をもっと詳しく教えて

クレジットカードを持っているけど、どうしても現金がほしいときはあります。

自分が買物をするお店やサービスが現金にしか対応をしておらず、次の給料が入るまでお金を下ろして使うことも厳しい場合などが代表的です。

そこまでお金に困らないように気をつけているという人もいますが、急な出費が重なってしまうとこのような状態にならないとは言い切れません。

現金が必要なときの選択肢として消費者金融を使うというものもありますが、どこかから借りることに抵抗感がある人もいます。

すぐに返済できるならトラブルが起きることなく負担も小さいのですが、借金をすること自体に抵抗があるという人も少なくありません。

 

そこで利用したいのが、クレジットカード現金化です。

消費者金融使わないで現金を手に入れる方法にも色々ありますが、ショッピング枠が余っているクレジットカードがあるなら現金化を活用する方法について考えてみてください。

クレジットカード現金化は、上手くいけば現金を得るために必要な金銭的な負担が小さく済む場合があります。

もちろんこれは優良業者を利用する場合に限った話ですが、消費者金融を利用する場合の金利よりも手数料が安く済むこともあるのです。

消費者金融使わないと決めている人の中には、金利が高いから損をした気持ちになることが理由になっている人もいます。

利息制限法ギリギリでの金利設定をしているところが多いので、銀行系キャッシングならともかく消費者金融は避けたいと考えるわけです。

少額で利用をする場合は18%という法定金利ギリギリで借りることになります。

しかしクレジットカード現金化の場合は、上手くいけば10%前後の手数料で現金を入手できます。

業者を利用する方法以外に、自分ひとりで現金化する方法を使えば、もっと得をできる場合もあるのです。

ただしここで気をつけておきたいことがあります。

それはしっかりと情報を集めなければ、逆にクレジットカード現金化を利用することで損をする場合もあることです。

業者の中には還元率が70%くらいのところもあります。

80%になると良いと言われていますが、業者の中にはそれ以上の還元率を実現しているところもあります。

 

また裏ワザ的な方法を使えば、ほぼ100%という還元率も実現できるので、その仕組みをしっかりと理解できていればクレジットカード現金化は十分に使える方法だと気づけます。

現金を得る方法にも色々あり、そこにはメリットもデメリットもあるので、それぞれの特徴をしっかりと理解して一番得をできる方法を選べるようにしてください。

 

お金に困っているけど消費者金融使わないで何とかしたいときには

困っているけど消費者金融は使いたくない

お金が必要だけど、消費者金融を利用するとトラブルが起きそうで怖い。

このような悩みを抱えている人はたくさんいます。

実際に多くの人が利用しているとしても、自分は消費者金融使わないと決めている人も多いのです。

 

これはその人の考え方なので無理に変えようとする必要はありませんが、それでも実際にお金のことで困っているなら、まずその問題を何とかする必要があります。

そこで利用を考えたいのがクレジットカード現金化です。

さすがにクレジットカード自体を売却するというものではありませんが、ショッピング枠を使って現金を得られる方法を活用すれば、消費者金融使わない人でもお金の問題を解決できるかもしれません。

 

現金化をする方法は大きく2つあり、専門業者を利用するのかしないのかで方針が変わってきます。

そこで業者を利用するなら、結局消費者金融と同じようにリスクがあるのではないかと考えてしまうかもしれません。

しかし安心してください。

クレジットカード現金化の場合は、専門業者との付き合いはその場限りです。

消費者金融でお金を借りる場合、返済をするまでがワンセットになっています。

借り方によっては翌月までに関係が終わることもあれば、長期間にわたって返済を続けることになる場合もあります。

そして長期間利用すればするほど金利による負担は大きくなり、場合によっては借りた金額の数倍以上に膨れ上がってしまうこともあります。

 

またお金のトラブルが続いてしまった場合、定期的な返済が上手くいかずに取り立てから身のトラブルが起きてしまうこともあります。

特に気をつけたいのは、悪質な消費者金融です。

もともと法律違反をしている業者なので、そこから苛烈な方法での取り立てが始まることがあります。

残念ながらしっかりとした消費者金融でも、この問題は完全に解決できているわけではないのです。

これに対して現金化業者を利用する場合、ショッピング枠を使って現金を受け取るだけです。

そもそもお金の貸し借りすら発生していない状況なので、業者側とトラブルになることはほとんどありません。

悪質業者の場合は還元率が異常に低くて問題になることもありますが、そのような業者なら利用しなければ良いだけの話です。

その場限りの付き合いで現金を入手できるところにクレジットカード現金化のメリットはあります。

 

カード会社の規約的にはグレーゾーンなところはありますが、少なくとも法律違反をしているわけでもありません。

消費者金融業者との関係を造りたくないけどお金のことで困っているなら、クレジットカード現金化について検討をしてみてください。

 

消費者金融使わないでクレジットカード現金化で対処をするメリット

クレジットカード現金化は法律違反ではないものの、カード会社の規約的にはアウトという特徴があります。

 

よほど露骨な使い方をしなければバレることはありませんが、それでも消費者金融を使わないでクレジットカード現金化を利用するのはどうしてかと疑問を覚える人もいます。

そんな人たちのために、ここでは消費者金融使わないでクレジットカード現金化を利用した場合のメリットについて紹介をしていきます。

消費者金融と違ってクレジットカード現金化は、面倒な手続きがありません。

消費者金融の場合、審査に通らないとお金を借りられません。

しかし現金化の場合はクレジットカードを持っていればそれだけで利用できるのです。

もちろんショッピング枠に余裕があるのは大前提ですし、そもそもクレジットカードを持っていなければどうすることもできませんが、少なくともカードを持っていれば現金化できる可能性は十分にあります。

消費者金融を利用する場合は、個人情報信用機関にその記録が残ります。

消費者金融を利用しているからローンが組めないと言うこともありますが、現金化ならクレジットカードを使って買物をした履歴だけなので何の問題もありません。

 

どのように現金化をするのかによって変わってくる部分もありますが、ショッピング枠は基本的に低金利です。

支払い回数が増えても消費者金融でお金を借りるよりもお得な場合がほとんどです。

そしてもうひとつ、分割払いにすることで現金化をするときの負担が軽減するというメリットもあるのです。

人によっては収入に波があり、リボ払いの方がお得という場合もあります。

何でもかんでもリボにするのは危険ですが、大きな収入が入るとわかっているなら自分に合った返済方法が選べることも大きなメリットになります。

 

最後のメリットとして、クレジットカードを使うことでポイントが入ります。

全体的に見れば微々たるものかもしれませんが、現金化をする際にポイントも入る点は見逃せません。

高還元率のカードを使っていれば、その影響は無視できるものではありません。

人によって消費者金融を使う方がメリットを感じられる場合もあります。

しかしここで紹介をしたメリットに魅力を感じるなら、クレジットカード現金化はお金のことで困った際には頼りになる方法です。

カードや電子マネー、さらには仮想通貨など、様々なタイプの支払い方法がある中でも現金が必要なケースはたくさんあります。

いざというときのために現金を得る方法について知っておいて損はありません。