1. ホーム
  2. お得情報
  3. ≫よく聞くけど、一体何をするの?何でお金が手に入るの?

よく聞くけど、一体何をするの?何でお金が手に入るの?

何するの?


ショッピング枠の?現金化?
といっても、何をすれば分からない方も多いでしょう。

ショッピング枠現金化について知識がなく、業者に言われるままに取引してしまうと、後で「そんなこと聞いていない!」と慌ててしまう可能性があります。

クレジットカード現金化はサービスの内容上、必ずしもキャンセルできるとは限りません。

まずはショッピング枠を使っての現金化のシステムについて疑問をなくし、納得した上で取引することが大切です。

 

では、いったい何なのでしょうか?

ショッピング枠現金化は、一言でいうとクレジットカードでショッピングを行い、現金を手に入れる方法です。

たとえば、クレジットカードで10万円のブランド品を買い、現金化業者に8万円で転売したとします。

すると、手元にお金がなくても8万円を入手できたことになります。

これがショッピング枠現金化です。

ただし、手渡しで業者に売る場合と宅配便を利用する場合、返品により現金化する場合、商品購入時の特典という形で現金化する場合など、ショッピング枠現金化にもいくつか種類がありますので、業者のホームページを見てどのような取引方法になっているのか、必ず確認してください。

また、業者を比較する時は当然いくら現金に出来るのか、現金化率を比較すると思いますが、ホームページに表記されている現金化率とは別に、手数料が引かれる場合があります。

業者に問い合わせをする時は、必ず確認しておきましょう。

 

また、ショッピング枠現金化でもっとも気を付けなくてはならないのが、悪徳業者の存在です。

ショッピング枠現金化の取引方法を悪用して、利用者にお金を振り込まない、勝手に現金化率を低くするなど、詐欺行為を働く業者も存在します。

初めてショッピング枠現金化を行う時は何をチェックすればよいのか分かりませんから、「現金化率99%!」などという誇大広告に流されてしまいがちです。

ショッピング枠現金化の相場は80%ですので、あまりに高い現金化率は、上記の通り手数料などで差し引かれる場合がありますし、結局詐欺で1円も還元されなかった、という事態になりかねません。

初めてショッピング枠現金化を行う時は、誇大広告の多い業者は選ばないこと、口コミ評判などを調べ、知名度の高い業者を利用することをおすすめします。

もう一つ気を付けなくてはならないのが、返済計画についてです。

クレジットカードで10万円の商品を購入すれば、1~2ヵ月後に10万円の支払いが発生しますので、それを見越して取引しなくてはなりません。

一度に支払うことが難しい場合は、2回払いやボーナス払いを利用するなど、支払方法を工夫しましょう。

 

ショッピング枠が換金されるというのが現金化?

換金方法とは?


ショッピング枠現金化には、主に「買取方式」と「キャッシュバック方式」の2種類があり、それぞれ換金方法が異なります。

 

買取方式は、自分が購入した商品を古物商に売却して現金を得るという古典的な方法であり、古物商の許可を得ている中古取扱店や現金化業者、チケット買取店などに売却します。

通常の転売と異なるのは、クレジットカードを使用していることであり、実際に商品代金を支払う1ヶ月前に現金を入手できること、クレジットカードの分割払い・リボ払いを使用して月々の返済を少なくできるというメリットがあります。

ただし、クレジット会社では転売目的にカードを使用することは禁止しており、発覚した場合はカードを使用できなくなりますが、商品を見ただけでは転売目的かどうか判断することは難しく、厳しく規制するとオークション転売なども不可能になることから、現在のところは事実上黙認されているといえます。

しかし、明らかに転売目的と分かる取引(チケットの大量購入など)に関しては厳しいチェックが行われるため、個人でショッピング枠現金化を行う場合は注意が必要です。

現金化業者を利用する場合は、比較的安全に取引することができますが、業者が指定する店舗で商品を購入してから、業者の店に売りに来る必要があります。

一部の現金化業者では、クレジット決算後に口座入金を行ってから実際に商品をやり取りできるケースもあり、即日入金に対応できます。

また、郵送により商品の買取を受け付けるケースもあり、直接業者に会わずとも手続きが終了する場合もあります。

しかし、現金化業者の中には悪徳業者も存在しており、自宅に届けられた商品(貴金属など)をすぐに持ち込んだ場合でも、「傷がついている」「今は流行っていない」「希少価値に乏しい」などと難癖をつけて、相場よりも低い価格で買い叩こうとする業者もいます。

そのため、契約前に換金率についてしっかり確認し、信頼できる業者であると確信してから利用することをおすすめします。

 

一方、キャッシュバック方式は、ポイント還元付きの電化製品を購入した時と同じように、キャッシュバック付きの商品を購入し、銀行口座にキャッシュバック分の現金が振り込まれるというシステムです。

こちらはキャッシュバック自体が目的ですので、商品自体には価値のないものが多く、上記のような難癖をつけられない、直接店舗に行かなくても良いというメリットがありますが、業者の顔が見えないぶん、信頼性についてはやはり慎重になるべきでしょう。

 

口コミで安心できるクレジットカード現金化業者をチェック

クレジットカード現金化業者を探してみると、かなりの数が見つかります。

それだけ多くの業者が実はあるのですが、その中で安心して利用できる業者ということになると数は限られてくるのです。

 

その業務自体がグレーゾーンということもあり、中には悪質な詐欺業者もあるので気をつけてください。

それでは実際安心して利用できる業者を探すためにはどうすれば良いのかということになりますが、そこでチェックをしたいのが実際に利用をした人の口コミ情報です。

クレジットカード現金化業者の口コミといっても、実に多くの種類があります。

ランキング形式でまとめられているサイトに掲載されている口コミもありますが、これは信用できるものとできないものがあるので注意が必要です。

本当にしっかりと情報をまとめてくれているところもあるのですが、複数の比較サイトをチェックしてみると明らかにほかとは違う業者をおすすめしているところが見つかります。

もしかしたら穴場のような隠れた業者を紹介してくれているのかと思いたいところですが、実際にその業者を利用した人の口コミ情報をチェックしてみると、実は悪質業者だったということもあるのです。

 

比較サイトの中には、その業者が宣伝目的で作っているところもあります。

そのためひとつのサイトだけをチェックするのではなく、複数のサイトをチェックして情報が正しいのかどうかを確認する必要があります。

口コミ情報の中でも比較的信用のできるものとして、個人のブログやサイトなどで実際に利用をしたときのことをレポートしているものがあります。

これは単純に情報として信用できるだけではなく、その業者ではどういうサービスを提供しているのかもわかるので、とても参考になる情報源になるのです。

このようなブログやサイトをチェックする際も、その記事以外にはどのような内容が書かれているのかを見てみてください。

たまたまその記事でクレジットカード現金化を取り扱っているならともかく、同じような内容の記事が目立つなら宣伝のためだけに作られたものと判断できます。

 

ブログにしてもサイトにしても、今は簡単に作ることができます。

それだけに発信されている情報の信頼性は、実際に読む人が判断しなければならないのです。

良いところだけを前面に出しているものよりも、デメリット部分にもしっかりと触れているなど多くの記事をチェックしていけば、どういうブログやサイトが信頼できるのかも見えてきます。

クレジットカード現金化業者の情報を集める時以外にも使える方法なので、ぜひ活用してみてください。