1. ホーム
  2. ショッピング枠
  3. 顧客満足
  4. ≫専門の店舗を利用する事が必ずしも最善とは限らない!換金率が高いのは?

専門の店舗を利用する事が必ずしも最善とは限らない!換金率が高いのは?

専門業者の必要性


クレジットカードの現金化をするにあたって、カードのショッピング枠を現金に換金してくれる専門の店舗を必ずしも利用しなければならないという事はありません。

 

もちろん業者を使わずとも自分でショッピング枠を現金に換えることは可能です。

ですが、専門業者が存在するからには一定数の需要があるからで、そこには明確なメリットがあるからこそ利用者がいるという事になります。

もちろんメリットがある以上はデメリットもあり、利用するにあたってそれぞれを天秤に掛けて現金化を行っていると思います。

利用者のすべての人が絶対にリスクが無いという事ではないので業者にお願いするとしても十分な注意が必要となってきます。

業者にお願いするんだから絶対に安全だという保障はどこにもありません。

 

では自分でショッピング枠を現金化する場合は危険なのか

セルフ現金化は危険


クレジットカードで現金を調達しようとした時、現金化業者を利用しても、自分で現金化をしようとしても、ほとんどの場合が一旦、商品を購入するはずです。

購入した商品を手放す事で現金に換えるという流れになります。

 

業者が仲介する場合では業者側から指定される商品を購入しるのですが、あまり価値が無い様な商品を高額な金額でカード決済させて現金が振り込まれる場合と、価値のあるものをカード決済して現金化業者が買取り、その代金が振り込まれる方法の二通りです。

では自分で金策をする場合はというと、ショッピング枠のカード決済で高く売れそうな物を購入して転売して現金化するといった同様の方法となるわけです。

なら業者で現金化する方が手間も掛からないしお得ではないか、と思いますがそうではありません。

 
業者でクレジットカードの現金化をする際は手数料が掛かります。

 
つまり、換金率が低くなってしまうというわけです。

例えば自分で商品券などを転売しようとすると都市部で人気の商品券などでは90%以上で買取りをしてくれますが、現金化の換金率は高くても90%以下です。

それだけ手にする金額が変わってくると少しめんどうだけれども、自分で換金した方が安全なように思えますがセルフ現金化ではハイリスク・ハイリターンとなる事が多いです。

単純にブランドバックや人気商品などを大量購入して、高価買取をしてくれるショップを探して買取をしてもらえば簡単に現金化できます。

さらにはプレミア的な商品があれば換金率が100%を超えるような事だってできるかもしれません。

オークションや個人売買を利用することで高い換金率で現金化をすることは難しい事ではないのかもしれません。

しかし、セルフ現金化ではそれなりのリスクを背負わなければならないという事を忘れてはいけません。

 

まずは、詐欺などの被害には細心の注意が必要です。

もちろん、現金化業者を利用したとしても同じことが言えますが、オークションや個人売買などでは商品を送ったが現金が振り込まれない、またはその逆も散見されます。

また、ブランド品の偽物や不良品なども出回っているので多少の目利きも必要となり、転売しても価値が下がっていたり、転売すらできない場合も出てきます。

 
人気商品などの急激な価格減少や需要の低下にも注意が必要です。

「これは人気があって高く売れる」といった商品を高額、もしくは複数購入していざ転売しようとしたら買い手がいなくなっていたり、中古相場お下落により価値が下がってしまうことも良くあることです。

そうなると、買った商品が在庫となってしまう事や転売価格が購入金額の60%近く下がってしまう事も考えられますので現金が必要なのにも関わらず、さらにカード決済の支払いに追われる生活になってしまいます。

 
そして一番のハイリスクがクレジットカードの利用停止です。

クレジットカードの現金化が全てのカード会社の利用規約に明記されており、いかなる場合であっても利用停止処分ができるようになっています。

利用停止処分となるとカード会社との契約が解除となる為、支払が残っている場合は即日での支払いが命じられます。

クレジットカードを利用するにあたり利用規約に同意している為、ほとんどの場合が一括で残金支払いとなっているはずです。

クレジットカードの購入記録などはカード会社で管理されている為、どのような商品をいつ購入したかなどは調べればわかる事です。

全ての利用者が購入した記録を管理しているとは考えられませんが、居住地域と関係のない人気のある新幹線やギフト券などを大量購入したりすれば、カード会社でなくとも現金化を疑うはずです。

ですから自分で現金化をする場合は購入する商品や頻度なども気を使っておかないと大変なリスクを伴う恐れがあるという事です。

その点は業者を使う事で、現金化業者がカード決済を行う事でクレジットカード会社から現金化という疑いの目が向けられないようにすることもできるというメリットもあるという事です。

そういったリスクを考えなければ自分で現金化を行った方が高い換金率で現金を手にすることができるので、しっかりと検討して利用することをおすすめします。

 

では安全性を優先するなら専門業者?そもそも業者は信頼していいの

業者は信頼できるのか


セルフ現金化のデメリットは理解して頂けましたでしょうか。

そもそもクレジットカード現金化の最大の特徴は時間の早さです。

 
自宅に居ながらインターネットバンクを利用すれば1時間もしないうちに現金が振り込まれまます。

それがセルフ現金化では高い現金を手にすることもできるというメリットはありますが、手間や時間がものすごく掛かってしまいます。

もちろん審査などはありませんが、業者利用するほど短時間での入金はほぼ無理でしょうし、売れ残ってしまうリスクもあるという事です。

 

では現金化専門の業者を利用することでより安全という事はわかりましたが、信頼して良いのでしょうか。

答えはオークションや転売などに長けている人じゃなければ業者を利用して現金化する方法をおすすめしてます。

急いでいる場合などでは、時間や手間はお金では買えませんし、必要になった場所や地域も関係ありません。

クレジットカードがあればどこからでも申し込む事ができるので便利です。

利用停止のリスクも低減できるのでそれが一番の安心材料といえるでしょう。

しかし、業者の一部には悪質な詐欺行為を行って騙しているようなところがあるのは事実です。

悪質な業者に騙されるような事も可能性としては否定できませんので全ての専門業者を信頼して申込みを行うことは絶対にNGです。

そもそもクレジットカード現金化はグレーゾーンと言われています。

直接、法律に違反する行為では無いためほとんど逮捕されることはありません。

但し、クレジットカードなどの利用規約違反となっている為、社会的に歓迎されることはまずありません。

過去の逮捕者が出た例でみても現金化を罰したものではなく、金貸しとみなした場合の利率の問題によるものでした。

ですから、直接取り締まるとができない為に人を騙そうとする悪質な業者が入ってきてしまう状況となっているわけです。

しかし、全面的に禁止となればクレジットカード現金化で何とが助かったという人も少なからずいるわけで一概に全てが悪とも判断しづらいところではあります。

 

店舗を持っていないクレジットカード現金化業者は使わないほうがいい

実店舗を持つ業者


昔はクレジットカード現金化は、窓口で申し込みをするというのがごくごく一般的な方法でした。

携帯電話やインターネットの普及により、連絡手段や交通手段も大きく変わり、ネット銀行と呼ばれるサービスまで提供されるようになりました。

そういった社会変化に伴い、最近の現金化業者は特定のオフィスや事務所を持たないまま営業を行っているケースが多くなってきました。

それは昔のように店舗に客が出向いて書類を記述して、その場で現金を渡されるようなアナログな手段ではなくインターネットを使った、パソコンやスマホでの申し込みに変わってきたため事務所を構える必要がなくなったからである。

そうした状況は利用する側もとても便利になったのですが、企業側も事務所を構える必要がなくなった為、悪質な業者も簡単に営業を始められるようになったといわれています。

そのため信頼できる業者なのか見分けがつき難くなり、大丈夫なのかと不安に感じる店舗も少なくはありません。

昔は店舗を構えていたため、スタッフと直接面会して雰囲気を感じられましたがネットだけで完了してしまう一方で、どんな人が対応しているのかさえわからないような状態です。

 

では、どうすれば信頼できる業者かどうか判断することができるようになるのでしょうか。

 
ポイントは「利用した人の口コミをチェックすること」です。

インターネット店舗を運営している現金化業者の場合、そのほとんどがネットからの利用者となります。

ですから使用した感想をスグにでもインターネットで評価ができるため、ネット上の評判が悪くなればすぐに商売は傾いてしまい、やがて淘汰されていきます。

ですから、継続的に良い評価を獲得しているかどうかをチェックすれば、信頼できる業者かどうかは容易に見分けることができるはずです。

また、公式サイト上にカスタマーサービスの電話番号や相談のお問い合わせフォーマットが用意されているかどうかも事前に確認しておきましょう。

こうした項目がある業者に関しては、より信頼性が高いということができるでしょう。

 
実際に接客ができない分だけ、使う側が欲しいと思うものが準備してあるような気遣いができる店舗ならきちんと対応してくれるはずです。

実店舗を持っていない業者には「運営コストが少ない分買い取り率を上げることが可能」というメリットもあるため、人件費や店舗経費などを節約している傾向がほとんどです。

ですから、「ネット店舗しかない業者はダメ」とすぐに決めつけてしまうことは決して得策とは思いません。

換金率や店側の対応など総合的に判断して実店舗が良いのか、ネット店舗が良いのかを検討するようにしたほうがよいのではないでしょうか。