1. ホーム
  2. お得情報
  3. ≫闇金からの借金は現金化で支払うのもおすすめ

闇金からの借金は現金化で支払うのもおすすめ

ヤミ金のりかえ


ショッピング枠現金化について知り、リスクの高い闇金から現金化に乗り換える方もいると思います。

できれば、すぐに闇金と手を切ってショッピング枠現金化を利用したいと思いますが、その際に注意しなくてはならないことが1つあります。

 

それは、闇金から借りたお金は合法的に踏み倒すことができますが、ショッピング枠現金化で入手したお金は、債務整理をしない限り減額・免責されることはないということです。

闇金から借りたお金は返済しなくていい、ということを知らずに、元金を遥かに上回る利息を払い続けている方もおりますが、そもそも貸金業というのは貸金業法を順守する業者しか行うことができません。

貸金業法では、貸金業登録を行った上で、利息上限が年利20%以下になるように定められています。

利息上限は、10万円以上借りる場合は年利18%、100万円以上借りる場合は15%が上限となっており、これ以上金利をかけることは法的に禁止されています。

闇金の金利は、最低でもトイチ(10日に1割)、ほとんどの場合トサン(10日に3割)やトゴ(10日に5割)ですので、明らかに貸金業法違反となります。

そのため、契約書にサインしたとしても、もともと法律違反の契約ですので、法的効力を発しません。

事実、消費者側が闇金の借金を踏み倒したとしても違法行為にならず、裁判でも消費者を保護する判決が出ています。

そのため、闇金に借金のある方は弁護士を雇えば、大抵の場合それ以上闇金業者に付きまとわれることはありません。

といっても、相手は法の外に生きている人たちですので、何をされるか分からないという不安はあるでしょう。

闇金に弱みを握られていて、なんとか闇金に一括返済し、スムーズに縁起りしたいという方も多いです。

 

そのような場合に、ショッピング枠現金化を利用してまとまった現金を工面する方も多くいるようです。

ショッピング枠現金化はクレジットカードの立替払いを利用するため、利用したお金は必ず返済しなくてはなりませんが、トラブルを避けるために、あえてショッピング枠現金化を利用するのもありでしょう。

ただし、その際に注意しなくてはならないのが、闇金が一括返済に応じてくれるかどうかということです。

一括返済しようとしても闇金に拒否されてしまっては意味がありません。

確実に完済して縁起りできる状況であると判断できない場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

また、ヤミ金の中にはショッピング枠現金化を行って利息を支払うように求める場合もありますが、一括返済できないと意味がありませんので、この場合もまずは弁護士に相談しましょう。

 

業者には元消費者金融が多く存在すのは何故

業者に多いのは


ショッピング枠現金化を行っている業者には、元消費者金融が多いです。

元消費者金融といっても、2010年頃まで営業していた業者であり、2010年に法定年利が29.2%から20%以下に引き下げられたことで正規消費者金融として運営できなくなり、ショッピング枠現金化に流れてきた業者が多いです。

 

消費者金融では、たびたび法定年利が引き下げられてきましたが、20%の壁を超えるためには、今までのように大雑把な審査で消費者を受け入れることができなくなりました。

ある程度信用性の高い消費者でないと、踏み倒しのリスクと相殺することができないからです。

また、総量規制の導入により、消費者の年収に応じて融資上限が設定されることとなりました。

この結果、年収の低い方は融資を受けにくくなり、固定客も失うようになりました。

 

大手消費者金融以外では、法改正に耐えられる消費者金融はなかなかおらず、廃業するか、闇金として密かに運営するか、他の業界に転身するか、選択肢を迫られる業者が大勢います。

その選択肢の一つとしてショッピング枠現金化を選んだ業者も多く、法改正が決まった2006年から全面施行された2010年にかけて、現金化業者の数がうなぎ上りに上昇しました。

それと同時に、国民生活センターや消費生活センターに寄せられるショッピング枠現金化に関する相談が増え、警察による取り締まりが強化されることとなりました。

成約内容を守らないなど、詐欺罪として告発された業者を中心に摘発が相次ぎましたが、その結果現在の現金化業界はクリーン化が進んだようです。

 

また、元消費者金融が現金化業界に流入してきたことで、業者同士の競争が加速し、手続きの簡略化や換金スピードの速さなど、サービスの質が向上するとともに、一定以上の換金率で取引する業者が多くなりました。

換金率80%で取引できる業者がいる以上、70%や60%で取引する消費者などいないからです。

ショッピング枠現金化のためには、クレジットカード会社への決済手数料などがかかるため、業者の取り分を考えると換金率80%程度が一般的です。

ショッピング枠現金化は消費者金融と違い、踏み倒しのリスクが存在しないため、闇金のように高い金利を取られる心配もありません。

ただし、現金化業者の中にも多くの消費者を集めて成功する業者もあれば、闇金のように暴利を貪る業者もあります。

クリーン化が進んだ現金化業界では、玉石混合であった時代と比べ、リピーターの多い優良業者と消費者を騙して取引する悪徳業者に大きく二分されています。

比較的簡単に優良業者を見つけられる一方で、業者選びに失敗するとトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

 

闇金が横行する中で安心して利用できるクレジットカード現金化業者はあるの?

闇金を避けて安心


クレジットカード現金化と聞くと、そんなサービスを本当に利用して大丈夫なのかと心配をしてしまう人もいます。

しかし実際には多くの人が活用をしているサービスで、なかなかお金が借りられない人にとって役立つサービスという一面もあります。

 

上手く活用できている人は、安心できる業者を利用しているのです。

まだクレジットカード現金化を利用したことがない人にとって、どうしてもその仕組みから不安を感じてしまうかもしれませんが、どの業者を選ぶのかによってそれも変わってくるのです。

消費者金融やカードローンを利用しようとしても、審査に通らないから利用ができない。

そういう人たちを対象にしているのが、クレジットカード現金化です。

このような特徴があるので、どうしても足下を見てくるような業者は出てくるものです。

 

現金を手に入れることができても換金率も低いので思っていたよりも少なかった。

このようなケースはたくさんあります。

しかし実際に探してみると、しっかりと利用する人のことを考えてサービスを提供している業者もいるので安心してください。

安心して利用できる業者を探す場合には、まず口コミ情報をチェックしてみてください。

それも、個人が投稿できる情報をまとめているサイトなどを活用すると良いです。

そして実際に業者のところへ行った際の対応を見て、本当に安心して利用できる業者なのかどうかを判断するようにしてください。

あまりにも都合の良い言葉ばかりを並べてくるようなら、警戒した方が良いかもしれません。

強気に利用を勧めてくる場合も同様です。

こういうところは、ほかの業者と比較をしてみるとすぐにわかります。

 

換金率についてですが、最低でも80%以上は約束をしてくれる業者を選ぶのも一つの基準です。

どの業者も最大で何%とは書いていますが、それは高額利用をする際の還元率です。

安い金額で利用をしようとすると、自社の利益を出すために還元率を下げることは当たり前のことですが、それが70%以下などあまりにも低い数値を提示されることになったら警戒信号です。

そこで利用を止めようとすると、よそでも同じくらいという根拠のない情報を引き留めようとしてくることもあります。

どれくらいの金額でどれくらいの還元率になるのかを公開している業者もありますし、本当に安心できる業者なら無理な引き留めをすることもありません。

 

お金に困っていると、どうしても冷静な判断力を失いがちなので、クレジットカード現金化業者を探すときには注意してください。

 

クレジットカード現金化でよく使われている詐欺被害のパターン

詐欺被害のパターン


クレジットカード現金化で悪質業者に捕まってしまった場合、詐欺被害など被害者が受けるパターンはいくつかあります。

程度の差こそあれ、経済的・社会的に受けるダメージは大きいですから、悪質な詐欺業者を利用してしまうことはできるだけ避けたいものです。詐欺被害のいくつかのパターンを書いていきます。

ホームページなどでうたわれている還元率と、実際の還元率が異なるケースがその最たるものです。

95%などの候還元率をうたっていても、いざ利用してみると、手数料などが追加されて、結果として還元率を大きく下げられてしまう、などが見られます。

これは実際の表記と違うわけですから、クレジットカード現金化の詐欺そのものといっても過言ではありません。

ひどい場合になると、還元率が公開されているものと違うからといってキャンセルしようとすると、高いキャンセル料を請求されるケースなどもあります。

なので、業者の還元率や手数料などは申し込む前にすべてチェックしておく必要があります。

かかるお金がどれくらいで、実際にはどれくらいのお金が入金されるのか。事前にしっかりと確認しておくべきでしょう。

 

還元率の引き下げがもっとひどいパターンになると、お金が全然振り込まれないというものもあります。

申し込みしたはずなのに、いつまでたってもお金が振り込まれない、連絡を取ろうとしても連絡がつかなくなっている、というパターンもあるので注意が必要です。

ショッピング枠の現金化詐欺だと上述のように、不当にお金をだまし取られる被害を受けることになります。

他にも、現金化自体は普通にできても、そのあとで、被害を受けるケースもあります。

 

現金化の申し込みの時に、クレジットカードの情報を聞いてくる業者があります。

こういった業者は、そのカード情報を不正利用する可能性が高いです。

現金化自体はスムーズにできても、そのあとで、そのカード情報を不正に使われる可能性があるので、むやみにカード情報を現金化業者に伝えないようにするべきでしょう。

また、悪質な業者に申し込んでしまった場合、住所や氏名、電話番号などの個人情報が闇金など裏の業界に流出する可能性があります。

基本的に、カードの現金化を利用する人というのは、経済的にひっ迫していて余裕がない人が多いですので、そういった人の情報は、裏の業界に広まることで、スパムメールや架空請求などの格好のターゲットにされかねません。

金銭的な詐欺以上に怖いパターンではないでしょうか。